ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

人が倒れていたら

印刷用ページを表示する更新日:2015年4月6日更新 <外部リンク>

【災害対策】

 【応急手当】

【応急診療】

【避難場所】

 呼びかけてみる

  1. 人が倒れていたら、近づいて意識があるか調べます。
  2. 肩を軽く叩きなが名前を呼んだり、大丈夫ですかなどと呼びかけてみます。
  3. 呼びかけても目を開けなかったり返事がない時は、意識に障害があるということになります。
  4. 身体を揺すったり動かしたりして観察をするのはよくありません。意識があれば相手の要望をよく聞いて、必要な応急手当を行いましょう。

協力してくれる人を求める 

  1. 意識の障害があった場合は、すぐその場で救急車を呼んでもらったり、応急手当に協力してくれる人を大声で求めます。 

7つの観察と応急手当

  1. 倒れている場所は安全ですか?
     ・・・危険な場合には、すぐに安全な場所に移動します。
  2. 大出血がありますか?
    ・・・大出血があったら、すぐに止血をします。
  3. 意識を調べて協力を頼みます
    ・・・意識がなければ近くのひとに協力してもらって、救急車を呼びます。
  4. 口の中に何かありますか?
    ・・・口の中に何か詰まっていたら取り出します。血液や唾液も拭き取ります。
  5. 気道を確保します
    ・・・口の中をきれいにしたら、気道を確保します。
  6. 呼吸はしていますか?
    ・・・呼吸が止まっていたら、すぐに人口呼吸を行います。
  7. 脈拍は感じられますか?
    ・・・脈もなかったら、人口呼吸と併せて心臓マッサージを行います。