ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政 > 計画・事業・施政方針 > 高齢者等元気活躍推進事業 -メインページ- 

高齢者等元気活躍推進事業 -メインページ- 

印刷用ページを表示する更新日:2022年9月26日更新 <外部リンク>

高齢者等元気活躍推進事業 -メインページ-

 南あわじ市が抱えている最大の課題は、急激な人口減少と超高齢化社会への対応です。令和2年の国勢調査では、高齢化率が36.7%と約3人に1人が65歳以上となっており、特に年金・医療・介護の分野において「支える人」と「支えられる人」のバランスの悪化が懸念されています。厚生労働白書によると、高齢者を支える現役世代は年々減少しています。1985年には高齢者1人を支える現役世代は6.6人いましたが、2015年は2.3人に減少し、団塊の世代が75歳以上になる2025年には1.9人まで落ち込む見込みです。また、淡路島では労働力不足が慢性化し、特に介譲・観光・保育現場では、募集をしても人が集まらない状況が発生しています。

 高齢者等元気活躍推進事業では、「人生100年いつまでも貢献できる・働ける改革」をテーマに、高齢者をはじめとする多様な方々が、定年退職や職業の固定観念にとらわれることなく、介護や生活支援をはじめ、教育や農業支援など様々な分野で仕事・社会貢献活動を継続していただくことにより、健康寿命の伸長や、地域の人手不足の解消を図ることを目指し、高齢者が、ボランティアから就労まで幅広く活躍できる環境整備に取り組んでいます。

事業概要についてはリーフレットを作成しております。下記ファイルをご覧ください。

高齢者等元気活躍推進事業 事業リーフレット [PDFファイル/448KB]

 

展開中の事業

おもいやりポイント制度

おもいやりポイント制度では、何かしたいという元気あふれるシニア世代の方々と、人手不足で悩む各種施設をマッチングさせ、健康寿命の伸長、社会参加の継続(仕事や社会貢献活動の継続)、そして施設の人手不足の軽減を目指しています。

それと同時に、活動に参加した方に対しておもいやりポイント(少額の謝礼)を付与することにより、活動参加への「きっかけ」と、継続する「はげみ」になるよう活動の後押しをするしくみです。貯めたポイントについては、商品券に交換し市内の取扱店舗で使用できるほか、活動先施設に寄付することもできます。

おもいやりポイント制度には、現在300名以上のシニア世代の方々に登録いただいています。

これまでの活動については瓦版としてまとめています。

詳しくはリンク先ページをご覧ください。→瓦版へ

おもいやりポイントシステムHP

おもいやりポイントは、1ポイント=1円で、1,000円単位で商品券に交換可能なポイントとして運用しています。

活動後、即時、もしくは月締め翌月付与でポイントを獲得できます。

獲得したポイントは専用のホームページで確認できるほか、システムを使って商品券に替えることもできます。

詳しくはリンク先ページをご覧ください。 →おもいやりポイントシステム HP<外部リンク>

また、おもいやりポイント制度のアプリも作成しております。 →おもいやりポイントアプリリリースのお知らせ

※HPのトップページは閲覧可能ですが、ログインするには会員登録が必要となります。

活動報告

保育所・小学校での活動内容と、感想を紹介します。

活動状況別カード

12カ月活動を継続するごとに新しいポイントカードが交付されます。

詳しくはリンク先ページをご覧ください。→ポイントカード交付式

登録説明会

新規登録を希望される方向けに登録説明会を随時開催してします。

また、随時窓口でも登録受付の対応をしておりますので、市民協働課 生涯活躍推進室(電話43-5244)までお気軽にお問い合わせください。

詳しくはリンク先ページをご覧ください。→登録説明会へ

活動者のつどい

活動者の方々を対象につどいの場を開催しています。

→活動者の集い

おもいやりポイント券取扱店舗

獲得したおもいやりポイントは、1,000P=1,000円のおもいやりポイント券(商品券)に替えることができます。

おもいやりポイント券は市内100店舗以上で利用することができます。

おもいやりポイント券取扱店一覧 [PDFファイル/177KB]

取扱店の募集についてはこちらをご覧ください。

おもいやりポイント券取扱店舗の募集について

働くシニア応援プロジェクト

働くシニア応援プロジェクトでは、多種多様なシニア雇用の場を増やしていくために、就労内容・採用手法の工夫をモデル化し、シニア雇用に取り組む企業の増加を目指しています。

このプロジェクトでは、仕事の「切り出し」という考え方を重要視しています。

一人の仕事から、シニア向けの「短期間・軽作業」の仕事を切り出すことで、本来の労働者が専門的な仕事に専念、さらに、生み出した時間で新しい、今までできなかった仕事に取り組めるようになります。

モデル事業者募集

シニア雇用の推進に取り組む市内のモデル事業者を定期的に募集しています。

現在の業務分担を見直し、定型的・短時間・軽作業な仕事を切り出してシニアに担ってもらうことで、本来の業務に集中し、生産性の向上が図れます。

また、シニアが応募しやすい求人の書き方もあります。

自分の働き方の見直しにつながる可能性もありますので、まず一度、ご検討ください。

※プロジェクトに参加した事業所(25社)

うめ丸、ウインズ、さくら苑、いちごの家・楽園おのころ、翁寿園、フローラせいだん、翠鳳第一病院、昭和窯業、南あわじ市社会福祉協議会、栄和瓦産業、オキフーズ、西淡まちつくり、大和リゾート、南淡路農業公園、すいせんホーム、ひまわり、緑風館、どんぐりの里、太陽の家、アーバンクリエイト、休暇村南淡路、ホテルアナガ、あべいすと、プラザ淡路島、あわじ浜離宮、あかとんぼ、いづみ丸、淡路島海上ホテル、カリコリゾート、光輝

お仕事フェア

働くシニア応援プロジェクトモデル事業者がシニア向けに見直した求人内容をわかりやすく説明し、相談・面接を実施する、60歳以上の方のための「お仕事フェア」を開催しています。
これまで25社の事業者に参加いただき、61名の新規就労につながっています。(令和4年4月末時点)

生涯現役カレッジ

令和4年度から、新たに「生涯現役カレッジ」を開講します。

学校教育からいったん離れたあとも社会で活躍を続ける為に学び直しをするという「リカレント教育」の考え方を取り入れた「シニア向けの学びの場」です。

受講後は、学びを活かして「おもいやりポイント制度」でのボランティア活動に参加したり、「働くシニア応援プロジェクト」等での就業に役立てることができます。

カレッジの概要 [PDFファイル/325KB]

今後実施予定のイベント

過去実施したイベント

  • 生涯現役カレッジ開講記念講演会を開催しました(令和4年5月23日)→記念講演会へ
  • 事業者セミナー「アクティブシニアが社会を変える「働くシニア応援プロジェクト」」を実施しました (令和4年3月29日)
  • 60歳以上の方のためのお仕事フェア2022 in南あわじを開催しました (令和4年3月25日)
  • アクティブシニアの活躍支援セミナーを実施しました (令和4年2月15日)
  • 事業者セミナー「事業者が安心して高齢者雇用に取り組める「働くシニア応援プロジェクト」とは?!」を実施しました (令和4年1月31日)
  • アクティブシニアの活躍支援セミナーを実施しました (令和4年1月20日)
  • 60歳以上の方のためのお仕事フェア2021 in南あわじを開催しました (令和3年12月20日)
  • 市民向けセミナー「いつまでも若さを保てる制度が南あわじ市にあった パート3」を実施しました (令和3年11月22日)
  • 市民向けセミナー「いつまでも若さを保てる制度が南あわじ市にあった パート2」を実施しました (令和3年11月11日)
  • 他孫(たまご)育て講座 を実施しました(令和3年11月)
  • 事業者セミナー「イマドキ採用力セミナー」を実施しました (令和3年10月21日)
  • 市民向けセミナー「いつまでも若さを保てる制度が南あわじ市にあった」を実施しました (令和3年10月14日)
  • 高齢者等元気活躍推進事業「成果報告会」を開催しました (令和3年3月26日) →成果報告会へ
  • 60歳以上の方のためのお仕事フェア2021 in南あわじを開催しました (令和3年3月25日)
  • アンチエイジング講座を開催しました (令和2年8月27日)
  • 60歳以上の方のための「お仕事説明会2020 in南あわじを開催しました (令和2年8月21日)
  • 自宅で学ぶ傾聴講座(再放送)を開催しました (令和2年8月)
  • 孫育て応援講座を開催しました (令和2年5月) →孫育て応援講座へ
  • シニアのお仕事フェア2020を開催しました (令和2年1月) 
  • 『南あわじ版「人生二毛作社会」の実現に向けた大・会・議』を開催しました (令和1年10月8日)
  • 「南あわじ版人生二毛作社会の実現に向けて」シンポジウムを開催しました (平成30年9月25日)

 

これまでの経緯

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)