ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 学ぶ楽しさ日本一 > 夢プロジェクト > 令和4年度 > 令和5年度 夢プロジェクト

本文

令和5年度 夢プロジェクト

印刷用ページを表示する更新日:2023年1月10日更新 <外部リンク>

湊小学校(令和5年6月27日)

講師紹介

 

小山 美由紀 先生 【一輪車パフォーマー】

 日本一輪車協会 公認インストラクター 元世界チャンピオン 元全日本大会優勝​

堀田 綾菜 先生 【一輪車パフォーマー】

 日本一輪車協会公認インストラクター 全日本一輪車小学生大会出場 中日本一輪車競技大会入賞

minato1
minato3
minato4
miato2
minato6

教員の声

 一輪車に乗った二人が、児童が待つ体育館に登場。

 自己紹介を終え、早速実技指導へと移っていった。難易度の低い技から順に、それをマスターするためのコツを教えていただいた。どんな技においても「姿勢をまっすぐにすること。遠くを見ること。」というポイントがあった。児童はその注意点を気に留め、ひとつ一つの技に見入っていた。特に体育館での音楽に合わせた一輪車パフォーマンスは、要所要所で大きな拍手が出て盛り上がった。

 また、運動場に出てからは、一輪車に乗り始めた1年生と少し乗れる2年生の低学年グループと3年生以上のグループに分かれて練習を始めた。特に3年生以上は自分がいま取り組んでいる技を見てもらい、「もっとこうすればいいよ。」とコツを教えていただき、1時間もすれば技をマスターする児童もでていた。

児童・生徒の声

​・パフォーマンスがとてもきれいで、胸を張っての演技がすごかったです。(6年)
・「秋の一輪車発表の演技で、グライティングをやってみたい」と思いました。(6年)
・一輪車のいろいろな技を教えてもらって、私は苦手な技が少しできるようになった気がしました。
・最後の鬼ごっこでは、堀田先生の鬼のスピードが速くて、僕もあれくらいのスピードでこげるようになりたいと思いました。(6年)
・一輪車の発表を見せてくれたおかげで「一輪車をやりたい!」と気持ちが心の中に現れました。
 最初は、無理などと思っていましたが、素敵な発表をみて「いいな」と思い、ハッとしました。
「練習をしたら、できるんじゃないか?」
 次の日、友達に「一輪車をしよう」と誘われ、学校に仕舞いっぱなしの一輪車を取り出し、クロスのアイドリングと
 肩を組んで進む技が出来るようになりました。(3年)
・タイヤ乗りができなかったけど、教えてもらえて、コツがつかめた。ゆっくり教えてくれて嬉しかった。「はっきりとした夢があっていいな」と思った。自分も堂々と
  出来るようになりたい。中学校でも一輪車を続けたい。「極めるにはずっと練習が必要」と分かった。(6年)
・今日の夢プロジェクトで、「秋の一輪車発表会で○○君とペアでグライディングを成功させる」という新しい目標ができました。(4年)
・教えてくれて、私もちょっと出来るようになったから、お姉さんと同じ技をしたいので、もっと頑張ろうと思います。(1年)
・一生懸命がんばった。自分でやれた。(1年)

 

辰美小学校 (令和5年6月29日)

講師紹介

 

正木 明 先生 【気象予報士/防災士】

masaki

◆経歴
1961年5月5日、兵庫県尼崎市に生まれ、
2歳の時に父親の転勤で神奈川県鎌倉市に転居。
1985年、早稲田大学理工学部機械工学科卒業。
1986年、(株)ウエザーニューズ入社。
1990年、朝日放送の朝のワイド番組にて天気予報を担当(継続中)。
1994年、気象予報士試験合格。
1999年、(株)ウェザーニューズ退社。
2011年、防災士取得。
◆現在のレギュラー
・テレビ
『おはよう朝日です』 朝日放送 月曜~金曜 5:00~8:00 (1990年~)
・ラジオ
2019年4月〜『正木明の地球にいいこと』ラジオ関西 月曜13:00〜13:25
◆活 動
:30年以上、現役で活躍しているテレビでの気象予報を中心に、自然災害発生時には防災
士の知識も活かして、実生活に役立つ防災情報を伝える。天気キャスターとしてだけで
なく、防災や人権、SDGs関連、最近では気候危機の問題についての講演会、シンポジウ
ムなどでも活躍しながら、近年被害が大きくなっていく災害時に命を守る、情報の活か
し方など伝えている。趣味であるロードバイクや波乗りを楽しむとともに、チャリティ
ーイベントやビーチクリーンなども、積極的に行なう。
2019年、多くの人に環境・気候変動・気象・災害に関する情報を発信する為のサイト、
『正木明のSurvivalLabo』を立ち上げる。

 

tatumi
tatumi2
tatumi3
tatumi4
tatumi5

教員の声

   5時間目、全校生を対象に「天気予報で明るい未来を」と題し、講演していただきました。事前にお知らせしていたこともあり、保護者の方も来られていました。
 全校生で「マッキーさーん」と呼んでお迎えしました。さわやかな笑顔で登場された正木さんはお帰りまで、終始笑顔を絶やさず、子供たちに話しかけてくれました。
   まず、プロフィールとして気象予報士になるきっかけについてお話しいただきました。
   サーフィンが趣味の正木さんは、波と風の関係を調べていくうち気象に興味を持つようになり、気象予報士の道に進まれたとのことでした。好きなことから自分の進む道を決めた正木さんは、子どもたちにも、好きなことをとことんやってみる大切さについて話されました。

 地球温暖化のお話では、グラフから地球の平均気温が上昇していることやこのまま温暖化が進むと、海面上昇が起きることを説明してくれました。淡路島の地図を使って今後数百年の地形の変化をシミュレーションした映像を見せてくれました。水没していく淡路島の様子に子どもたちも大変驚いていました。温暖化を防ぐために子どもたちができることも教えていただきました。

 質問タイムでは、子どもたちの素朴な質問に、ていねいに答えていただきました。触れ合い、お話を通して、さらなる辰美っ子の成長につながりました。
 ありがとうございました。

児童の声

・正木さんのお話を聞いて、地球のことなど、知らないことも分かったのでよかったです。(2年)
・ぼくは、初めてテレビの人に会って、しかも「おは朝」の番組に出てる人だったので、びっくりしました。(2年)
・「おはよう朝日です」の正木さんが、お天気キャスターを33年もしてすごいし、お天気を当てるのもすごいし、色々お天気の事を教えてもらって勉強になりました。(2年)
・「温暖化を防ぐために、ごみの分別をきちんとしよう」と思いました。(2年)
・「地球温暖化で未来が危ない」ということが分かったし、いろんなことを知ることができました。(3年)
・「現在、未来、世界がどうなっていくのか」や、「温暖化、二酸化炭素のせいで淡路島が変な形になること」がわかりました。(4年)
・海の部分が多くなっているのが、少し怖かったです。次の夢プロジェクトがあれば、また正木さんに来てほしいです。(4年)
・4年生では、今、水や災害の事について勉強しているので、今日もっと勉強できたり、まだしてない所を教えてくださったので、新しいことを知ることができて良かったです。(4年)
・「干ばつや水不足で、引っ越さないといけない国もある」と分かりました。15m海上があがるだけで淡路島が本当の淡路島の形じゃなくなるのに驚きました。(4年)
・30年以内に南海トラフ地震があることを聞いて、「いつ起こるかわからないことを予想するのがすごい」と思いました。(4年)
・正木さんは、好きな事や趣味から気象予報士になることにつながったのが「すごい」と思いました。驚いたことは、「地球温暖化が進んで行くと外に出られないくらい気温が高くなる」という事です。「温暖化を止めるために、ごみを分けたり、海にごみを捨てないようにしたい」と思いました(4年)
・2300年ぐらいになると海上が上がって、津井は残っていたけど、湊の方が埋もれてくる予想と分かりました。(4年)
・正木さんのお話を聞いて、私は今まで「地球温暖化」を抑えるための取り組みを何もしていなかったけど「地元でとれた食べ物を食べる」等「地球温暖化」をなくすための取り組みの事がわかったので、これから取り組んでみようと思いました。(4年)
・私は、天気や地球温暖化などにあまり興味を持っていなかったけど、今日正木さんに来ていただいて、天気は人工衛星だけではわからない事などを教えてもらったので、参加出来て良かったと思います。(5年)
・私は、理科があまり得意ではありません。でも、今日の正木さんのお話を聞いて、私も家族で明日の天気を予想してみたいです。(5年)
・「私たちができること」で、家族と「地球温暖化で山火事などにならないような工夫を話し合っていきたいな」と思っています。(5年)
・私が驚いたのは「年に2000万人以上の人が、国が水没などして避難していること」です。2000万人以上もいたのでとても覚えています(5年)
・正木さんに僕は「笑顔」について質問をして、正木さんは「年齢関係なく接することが大切だ」とおっしゃっていて、僕は「それを参考にしていきたいな」と思いました。(6年)
・正木さんは「趣味でサーフィンなどをしていて、波や風を予想していたのがきっかけで気象予報士になった」と聞いて、僕は「趣味というものは、人生が変わる分岐点でもある」とわかった。(6年)
・僕は、「天気予報士」に幼い頃から憧れていて、目指していましたが、大好きだった天気予報士の人が引退してしまって絶望してしまったけれど、そんな時にいつも笑顔の正木さんが出演している「おはよう朝日です」を見つけて、希望を取り戻すことができました。だから、その正木さんが「夢プロジェクト」で辰美小学校に来ると聞いた時、「心の英雄を生で見れる!」と思いました。実際、お話を聞くと「正木さんは、本当にいろいろな知識があるな」と再確認できました。さらに最後には、インタビューを受けることができて、とても嬉しかったです。(6年)