ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 学ぶ楽しさ日本一

南あわじ市が目指す教育「学ぶ楽しさ日本一」

印刷用ページを表示する更新日:2021年3月29日更新 <外部リンク>

 南あわじ市は、第2次南あわじ市総合計画(2017~2026年度)の中で、まちづくりにおいては「人」がすべての中心であるとの考えのもと、「ひかり輝く人づくり」を柱の1つに位置付け、次世代を担う人材の育成を進めています。

 それを受けて、教育委員会では、2020年度から5年間の第3期南あわじ市教育振興基本計画のテーマを『学ぶ楽しさ日本一』としました。そして、次のような「学ぶ楽しさ」を追求し、実感できる取組を学校・家庭・地域で推進していきます。

8つの「学ぶ楽しさ」

  1. 「わかる」「できる」楽しさ
  2. 困難なことにもチャレンジする楽しさ
  3. 考え工夫し、想像する楽しさ
  4. 仲間と協働してやりとげる楽しさ
  5. ふるさとをよりよく知る楽しさ
  6. 思いや考えを表現する楽しさ
  7. 本物にふれる楽しさ
  8. 夢や志を見つけ、社会に貢献する楽しさ

 この「学ぶ楽しさ日本一」の実現を目指す取り組みでは、「ほめること」を大切にすることで「自己肯定感」を高め、「読解力」を核にしながら、思考力・判断力・表現力、コミュニケーション能力や創造力、やり抜く力など様々な資質・能力を向上させていきます。  

 それにより、南あわじ市の子どもたちが将来「なりたい自分になれる」ように、「夢と志を持ち、ふるさと南あわじの未来を創る人づくり」を進めていきます。

 

「学ぶ楽しさ日本一」を目指した取り組み

コアカリキュラム スクールチャレンジ 防災教育 夢プロジェクト アフタースクール 学ぶ楽しさ支援センター 公民館事業

教育コンテンツ(準備中)

文化財・遺産