ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織で探す > 滝川記念美術館「玉青館」 > 夏休み子どもワークショップ 「牛乳パックから紙を作って、絵手紙をかこう!」

夏休み子どもワークショップ 「牛乳パックから紙を作って、絵手紙をかこう!」

印刷用ページを表示する更新日:2015年4月6日更新 <外部リンク>

夏休み子どもワークショップ「牛乳パックから紙を作って、絵手紙をかこう!」終了しました


夏休み子どもワークショップ 作品展示風景



平成25年8月4日・11日・18日の全3回の日程で、夏休み子どもワークショップ「牛乳パックから紙を作って、絵手紙をかこう!」を開催しました。

猛暑の3週間でしたが、子どもたちはワイワイと賑やかに作業し、作品を完成させました。



1回目(8月4日) 【 パルプを作ろう 】

 牛乳パックを加工して、紙のもとになるパルプを作り、おだんご状にまとめました。


夏休み子どもワークショップ 1回目の作業の様子


2回目(8月11日) 【 紙を作ろう 】

1回目に作ったおだんご状のパルプを水に溶かして、枠に流し込んで固めて、紙を作りました。 


夏休み子どもワークショップ 2回目の作業の様子


3回目(8月18日) 【 絵手紙をかこう 】

2階展示室の水墨画を見たあと、田中かすみ先生に絵手紙のかき方を教わりました。

2回目に作った紙に、絵手紙をかいて作品を仕上げました。


夏休み子どもワークショップ 3回目の作業の様子


また、付き添いの方には、掛け軸づくりをお願いしました。


夏休み子どもワークショップ 3回目の作業の様子 その2


おうちでやってみよう!(手順書ダウンロード) 


 興味がある人、紙を作ってみたい人。

 当日配布した手順書を見ながら、紙を作ってみませんか。

 下の手順書をダウンロードして印刷して下さい。




玉青館のページに戻る



※すべての画像の無断転載を禁じます

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)