ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 南あわじ市議会 > 議会活動 > 本会議 > 議案審議の流れ

議案審議の流れ

印刷用ページを表示する更新日:2010年8月11日更新 <外部リンク>

 市長や議員から議会に提出された議案を審議し、その可否を決定することを「議決」といい、議決は議会に与えられた最も重要な権限です。主な議案には、「予算案」や「条例案」、重要な「契約」があります。

 議案の審議は、会議規則の定めるところにより、概ね下図の順序で行います。ただし、人事案件など、委員会付託されない場合もあります。また、修正案が提出された場合は、委員長報告が終わったあとで説明されます。

 議案の審議

  ※用語解説

「討論」とは・・・議員が議案に対する賛成、反対の旨とその理由を述べて、他の議員を賛同させることを目的とする発言。

「表決」とは・・・議長の要求により出席議員が賛成、反対の意思を表明すること。

「議決」とは・・・表決を集計した上で、多数決原理に従って、決定した議会の意思。通常の案件では過半数、特別の案件にあっては特別多数(3分の2以上等それぞれ定められた数以上)の賛成で可決となる。