ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 南あわじ市議会 > 議会のしくみ > 議会について > 市議会の役割と使命

市議会の役割と使命

印刷用ページを表示する更新日:2017年1月18日更新 <外部リンク>

議会の役割

 地方公共団体にはその意思や基本的な方針を決める「議決機関」としての議会と、その決定に基づいて実際に仕事を行う「執行機関」として市長、教育委員会、選挙管理委員会などがあります。
 市民は選挙で直接、市議会議員と市長を選びます。
 市長は市政の方針や重要な事項を議案として市議会に提案し、市議会は提案された議案について審議し決定します。その決定に従って、市長は市政を執行し、議会は執行機関が適正に仕事を行っているか「監視」をしています。
 南あわじ市では、市民を代表する公選の議員18人をもって構成されています。 

 議会の役割のイメージイラスト

投票の様子

議会の使命

  1. 地方公共団体の具体的施策を最終的に決定
  2. 決定事項が適法、適正、公平、効率的、民主的になされているかを住民全体の立場に立って批判し、監視

議員の職責

  1. 全体の立場(一般的意思)
  2. 選挙母体の地区・組織(分化的意思)
    1と2を統合調整し、昇華する責務を有す