ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織で探す > 税務課 > 年の途中で土地建物の売買があった場合の固定資産税の課税について教えてください。

年の途中で土地建物の売買があった場合の固定資産税の課税について教えてください。

印刷用ページを表示する更新日:2012年2月15日更新 <外部リンク>

回答

 固定資産税の課税の基準日である1月1日(賦課期日現在において、登記簿などに所有者として登記・登録されている個人・法人に対して、その年度分の固定資産税の課税をすることになっています。
 よって年の途中に固定資産の売買等があった場合でも、1月1日現在所有者であった売主に固定資産税が課税されることになります。