ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

引越しするときは?

印刷用ページを表示する更新日:2019年5月1日更新 <外部リンク>

住所変更等の手続きの方法と流れ

引越しをする場合は以下のようにしましょう

  1. 届け出に必要なものを用意しましょう (下記参照)
  2. 届出を出しましょう (それぞれ届出の期限が違います)

 お住まい等が変わった時には、住所変更等の届出が必要です。その際に必要な物等、詳細は下表のようになっています。

(注意事項)

 ・下記の届出により、国民年金手帳・国民健康保険証・介護保険証・後期高齢者医療保険証等に変更を生じたり、資格を 喪失される場合、各証等が必要です。

 ・届出する人が代理人の場合は、委任状が必要となります。個人番号(マイナンバー)カード、住民基本台帳(住基)カードをお持ちの方の代理人の場合、暗証番号は不要ですが、届出当日のカードに関する手続き(券面事項更新・電子証明書の発行等)ができません。本人以外が届出される場合は、事前にお問い合わせください。

  ・外国人住民の方は、世帯主との続柄を証明する書類(日本語訳文付)が必要な場合があります。

届出の種類 届出に必要な物 届出の期間 届出できる人

転入届

(市外から市内への引越し)

  • 印鑑
  • 本人確認書類(運転免許証等)
  • 転出証明書 (注)特例転入の場合、原則転出証明書はありません。
  • 個人番号カードまたは通知カード、住基カード(お持ちの方のみ) (注)個人番号カード・住基カードをお持ちの方は、カードの暗証番号が必要です。

  • 外国人住民の方は在留カードまたは特別永住者証明書

《国外転入の場合》入国記録のある旅券等が必要です。

転入の日から14日以内

本人または世帯員(新住所)

転居届

(市内での引越し)

  • 印鑑
  • 本人確認書類(運転免許証等)
  • 転居先の住所
  • 個人番号カードまたは通知カード、住基カード(お持ちの方のみ) (注)個人番号カード・住基カードをお持ちの方は、カードの暗証番号が必要です。

  • 外国人住民の方は在留カードまたは特別永住者証明書

転居の日から14日以内 本人または世帯員(新住所)

転出届

(市内から市外への引越)

  • 印鑑
  • 本人確認書類(運転免許証等)
  • 転出先の住所
  • 印鑑登録証(お持ちの方のみ)
  • 個人番号カードまたは通知カード、住基カード(お持ちの方のみ) (注)個人番号カード・住基カードをお持ちの方は、カードの暗証番号が転入届の際必要となります。

≪国外転出の場合≫個人番号カードまたは通知カード、住基カードをお持ちの方はカードに国外転出にともなう処理が必要ですので必ずお持ちください。

転出の日まで

 

本人または世帯員(旧住所)

 

◎郵送による転出届

(市内から市外への引越)

<送付先>総合窓口センター「郵送による転出届担当」宛

転出後14日以内

(注)実際の転出届出日は、総合窓口センターで内容確認できた転出届を受付した日となります。14日を経過されている場合は、届出される前に総合窓口センターにご連絡下さい。

本人

◎個人番号カードまたは住基カードを利用した転出(特例転出)

  • 印鑑
  • 転出先の住所
  • 個人番号カードまたは通知カード、住基カード(お持ちの方のみ) (注)個人番号カード・住基カードをお持ちの方は、カードの暗証番号が転入届の際に必要となります。

(注)個人番号カードまたは住基カードでの特例転出の場合、原則、転出証明書の交付はありません。

転出予定日の14日以内

(注)新住所に住み始めてから14日以内、かつ転出予定日から30日以内に転入手続きができる見込みであること

本人

委任状(異動届用) [Wordファイル/40KB] 委任状(異動届用・代筆欄有) [Wordファイル/42KB]

注意

 届け出の際に、届け出人に対して運転免許証等で本人確認をさせて頂きます。あらかじめご了承ください。

届出先

 総合窓口センター

受付時間

平日8時30分~17時15分まで