ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 新型コロナウイルス関連情報 > その他の情報 > 新型コロナウイルス感染症に関する偏見や差別を防止するための規定が設けられました

新型コロナウイルス感染症に関する偏見や差別を防止するための規定が設けられました

印刷用ページを表示する更新日:2021年3月25日更新 <外部リンク>

新型コロナウイルス感染症に関して、不当な偏見や差別につながることがないよう人権への配慮をお願いします

 「新型インフルエンザ等対策特別措置法等を一部改正する法律」が、令和3年2月13日に施行されました。

 特措法改正では、感染者やその家族、医療従事者等の人権が尊重され、差別的な取り扱いを受けることがないよう、偏見や差別を防止するための規定が設けられました。

事例

  • 感染したことを理由に解雇される
  • 回復しているのに出社を拒否される
  • 病院で感染者が出たことを理由に、子供の保育園等の利用を拒否される
  • 感染者が発生した学校の学生やその家族に対して来店を拒否する
  • 感染者個人の名前や行動を特定し、SNS等で公表・非難する
  • 無症状・無自覚で訪れた店舗から謝罪や賠償を強要される

 

「新型インフルエンザ等対策特別措置法等を一部改正する法律」に関するリーフレット [PDFファイル/580KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)