ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織で探す > 滝川記念美術館「玉青館」 > 平成27年度 館蔵品展4

平成27年度 館蔵品展4

印刷用ページを表示する更新日:2016年4月17日更新 <外部リンク>

平成27年度 館蔵品展4


会期:平成28年2月24日~4月16日




展示室風景

【 展示室風景 】



 明治37年に岡山県で生まれた直原玉青画伯は、幼少時に淡路島へ移住しました。青年期には様々な労苦を重ねながら画業に勤しみ、64歳にして黄檗宗の僧籍を得ました。その後、廃寺と化していた国清寺を再興して国清禅寺とし、住職を務めました。
 本展では、玉青画伯が自身の半生を振り返り、白寿をむかえられた喜びと感謝があふれる俳句『善縁に 生かされ 白寿 賜りぬ』と共に綴った「懐旧記句画十五図」のほか、“句画禅一如”の理想郷をテーマに国清禅寺周辺を情緒豊かに描いた作品を展示いたしました。




玉青館のページに戻る



※すべての画像の無断転載を禁じます