ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織で探す > 滝川記念美術館「玉青館」 > 平成26年度 館蔵品展3

平成26年度 館蔵品展3

印刷用ページを表示する更新日:2015年4月6日更新 <外部リンク>

平成26年度 館蔵品展3


会期:会期:平成26年12月4日~12月26日




展示室風景

【 展示室風景 】



 本展では、直原玉青画伯が住職をつとめていた国清禅寺ゆかりの作品を展示いたしました。

 1980年頃に国清禅寺の襖絵として、同寺院の開山勝算和尚が阿那賀の荒磯で座禅する様子を描いた二枚折屏風をはじめ、国清禅寺裏山の東屋から緑豊かな三原平野を一望する様子が描かれた六曲一双屏風のほか、牡丹の園でたわむれる二匹の唐獅子が、幅10mを超す大画面に躍動的に力強く描かれている双獅喜戯図(元・国清禅寺開山堂の天井画)などの大作をご覧いただきました。



展示室風景

【 展示室風景 】


展示室風景

【 展示室風景 】




玉青館のページに戻る



※すべての画像の無断転載を禁じます