ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織で探す > 滝川記念美術館「玉青館」 > 気ままに描く女流5人展 ~伝統と創造~

気ままに描く女流5人展 ~伝統と創造~

印刷用ページを表示する更新日:2015年4月7日更新 <外部リンク>

平成26年度特別展 「気ままに描く女流5人展 ~伝統と創造~」


会期:平成26年10月11日~11月30日



気ままに描く女流5人展~伝統と創造~

 月居和子「宵」】 【山本あずみ「洞(うろ)」】 【綾佳子「カーニバル」】



  直原玉青画伯[1904~2005]の孫で、現在、公益社団法人 日本南画院理事・審査員 綾 佳子氏の声掛けにて、女性5人による“気ままに描く”展覧会が開催されました。


 本展では、関西を拠点に(公社)日本南画院を活動の場とする50歳代から80歳代の4人に20歳代の若手日本画家の作品を展示しました。伝統の技術を継承しつつも新しい表現を求め、それぞれが女性ならではの視線で独自の世界観を描き出した、味わい深い墨の競艶をご覧いただきました。



【宍戸好文「花象」】 【田井久江「猫」】


作家紹介


  • 宍戸好文[1928~]  元(公社)日本南画院常任理事 審査員
  • 田井久江[1936~]  元(公社)日本南画院理事
  • 月居和子[1950~]  (公社)日本南画院理事 審査員
  • 綾 佳子[1960~]  (公社)日本南画院理事 審査員
  • 山本あずみ[1988~]  NPO墨ARTプロジェクト指導員

ギャラリートーク


11月20日(木曜日) に玉青館展示室において、月居和子先生・綾 佳子先生・山本あずみ先生によるギャラリートークを開催しました。

それぞれの作品について使用した画材や技法、制作にまつわるエピソードなどをお話していただきました。


ギャラリートーク会場風景

【 ギャラリートーク会場風景 】


協力