ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織で探す > 長寿・保険課 > 70歳から74歳までの方の医療費窓口の自己負担割合

70歳から74歳までの方の医療費窓口の自己負担割合

印刷用ページを表示する更新日:2018年4月1日更新 <外部リンク>

窓口負担割合の見直しが行われます

国の医療制度改革により医療機関での窓口負担が2割に見直されました

 70歳から74歳の方がお医者さんにかかる時に支払う窓口負担は、法律により2割となっていますが、負担軽減のために特例措置として平成25年度までは1割負担とされていました。

 平成26年度から、より公平な仕組みとするために、この特例措置が見直されることとなりました。

 見直しに当たっては、高齢の方の生活に大きな影響が生じることのないよう、平成26年4月2日以降70歳の誕生日を迎える方から段階的に本来の2割負担に戻されることとなりました。

 医療機関での窓口負担については下記の表のとおり見直されます。 

 

 

    区分    誕生日平成26年4月診療分の
一部負担割合
平成26年5月診療分から
の一部負担割合
一般、低所得者1、低所得者2の世帯に属する方昭和19年4月1日以前1割(特例措置)1割(特例措置)
昭和19年4月2日以降    3割    2割
現役並み所得者世帯に属する方昭和19年4月1日以前    3割    3割
昭和19年4月2日以降