ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織で探す > 長寿・保険課 > 国保:人工透析や血友病などで長期間高い治療を続ける必要がありますが、医療費が安くなる制度はありますか。

国保:人工透析や血友病などで長期間高い治療を続ける必要がありますが、医療費が安くなる制度はありますか。

印刷用ページを表示する更新日:2018年4月1日更新 <外部リンク>

回答

 高額の治療を長期間続ける必要がある病気で、厚生労働大臣が認めるもの(血友病・人工透析が必要な慢性腎不全等)については、「特定疾病療養受療証」を交付申請し、病院の窓口で提示すれば、窓口での負担額は1か月1万円となります。
 ただし、70歳未満の上位所得者の世帯に属する方は、1か月2万円の負担となります。