ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織で探す > うずしお世界遺産推進課 > 「鳴門海峡の渦潮」の世界遺産への取り組みについて

「鳴門海峡の渦潮」の世界遺産への取り組みについて

印刷用ページを表示する更新日:2022年3月1日更新 <外部リンク>

「鳴門海峡の渦潮」の世界遺産への取り組みについて

兵庫・徳島「鳴門の渦潮」世界遺産登録推進協議会(平成26年12月18日発足)は、兵庫、徳島両県の行政、議会・議員、関係団体で構成されています。

兵庫・徳島「鳴門の渦潮」世界遺産登録推進協議会HP<外部リンク>

学術調査

【平成27年度、平成28年度】

  • 自然的価値に関する基礎的調査
  • 歴史・文化的価値に関する基礎的調査

【平成29年度】

  • 鳴門海峡の渦潮の規模、発生メカニズム調査
  • 国内類似資産(来島海峡、関門海峡、針尾瀬戸(西海橋))の比較調査
  • 歴史・文化的価値に関する調査

【平成30年度】

  • 海外類似資産(ノルウェー、スコットランド、カナダ、ニュージーランド)に関する調査
  • 鳴門海峡の地形・地質調査
  • 鳴門海峡の風景・景観調査
  • 歴史・文化的価値に関する調査

【令和元年度】

  • ノルウェー・サルトストラウメンの渦潮現地調査((1)橋上からの観測及びビデオ撮影、(2)現地研究者との共同研究に向けた協議)
  • 海外類似資産に関する文献調査
  • 歴史・文化的価値に関する調査
  • 普遍的価値取りまとめ文書の作成

【令和2年度】

  • 海外類似資産(ノルウェー、スコットランド)との連携
  • 鳴門海峡の渦潮に関する地形成立過程調査、眺望景観に関する調査
  • 歴史・文化的価値に関する調査(「鳴門の渦潮」調査研究プリジェクト)

【令和3年度】

  • 海外類似資産(ノルウェー、スコットランド)との連携
  • IUCNテーマ別研究

国際シンポジウム

  • 平成30年3月(鳴門市:ルネッサンスリゾートナルト)

(基調講演)「世界遺産登録の要件について」 李惠恩氏(イコモス国際学術委員会委員長)

  • 平成31年3月(南あわじ市:ホテルニューアワジプラザ淡路島)

(基調講演)「世界自然遺産登録についての最新動向」 松浦晃一郎氏(第8代ユネスコ事務局長)

(海外事例紹介)(1)「ユネスコ世界遺産海洋プログラムの概要」 ファニー・ドゥーブル博士(ユネスコ世界遺産センター海洋プログラム調整官)

(海外事例紹介)(2)「サルトストラウメン海峡における渦潮の観光資源としての活用」 ロルフ・コーレ・イェンセン氏(ノルウェー・ボーダ市副市長)ほか

地域市民活動

  • 3海峡クリーンアップ大作戦

渦潮の発生に重要な役割をもつ3海峡(鳴門海峡・紀淡海峡・明石海峡)の環境を守ろうと、地域活動団体が実行委員会を立ち上げ、淡路島・鳴門市の両地域で清掃活動を実施しています。

  • 「鳴門海峡の渦潮学習」出前講座

地元の子どもたちが渦潮についての理解を深め、地元への誇りを育めるよう、淡路島内の小学校への出前講座を実施しています。