ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織で探す > 広報情報課 > 広報南あわじ「市政ひろば2」(令和3年3月号)

広報南あわじ「市政ひろば2」(令和3年3月号)

印刷用ページを表示する更新日:2021年3月1日更新 <外部リンク>

南あわじ市長に守本憲弘氏が再選

任期満了に伴う南あわじ市長選挙で、現職の守本憲弘市長が無投票で再選しました。任期は4年間です。
2月1日には、守本市長が市役所に初登庁。玄関前に集まった幹部職員らを前に「自ら考えて試行錯誤する、信頼を積み重ねる、言葉を磨くの3点に取り組んでほしい」と訓示しました。

人権擁護委員に委嘱状・感謝状を贈呈

2月5日、神戸地方法務局洲本支局で、1月1日付で人権擁護委員に就任した川西六生さん(松帆)に委嘱状が伝達されました。任期は3年間となります。
人権擁護委員は、法務大臣から委嘱される民間ボランティアで、人権相談や人権の考えを広める活動を行います。
また、令和2年12月31日で退任した岡一秀さん(志知)には、法務大臣から感謝状が贈られました。

野菜と仲良くなるきっかけを、おいしい!野菜チャレンジ

放課後に児童らが芸術やスポーツなどのプログラムを体験する「アフタースクール事業」。同事業の一環として、1月20日に広田小学校でオンラインプログラム「おいしい!野菜チャレンジ」が開催されました。
同プログラムは、子どもたちの野菜不足解消を目的に、カゴメ株式会社と放課後NPOアフタースクールが共同開発したもの。この日は、広田学童保育の児童34人が参加し、画面に写る野菜の名前を当てたり、野菜が水に浮くか沈むかを実験したりして、楽しく学びました。2年生の田中陽茉里(ひまり)さんは「ホウレン草が苦手だけど頑張って食べてみようと思う」と話しました。

アイ・エス・フーズ(志知)が農林水産大臣賞を受賞

アイ・エス・フーズ株式会社(志知・酒井惠司会長)が、農業経営の改善や地域農業の振興・活性化に優れた功績を挙げた農業者を表彰する「全国優良経営体表彰」の経営改善部門で、農林水産大臣賞を受賞しました。
同表彰は、意欲と能力のある農業者の一層の経営発展を目的に、農林水産省と全国担い手育成総合支援協議会が実施しています。
同社は、青ネギを専作する農業法人で、淡路島と四国4県を生産拠点として周年栽培を行い、1年を通じて3~4回転の生産を実施し、日本全国へ青ネギの通年販売を行っています。5カ所にまたがる拠点の整備は、安定した生産量の確保や災害への備えにもなっているほか、農地は主に後継者不在の農家から借り入れており、耕作放棄地の発生防止に貢献しています。