ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織で探す > 広報情報課 > 広報南あわじ「表紙」(令和2年12月号)

広報南あわじ「表紙」(令和2年12月号)

印刷用ページを表示する更新日:2020年12月1日更新 <外部リンク>

松帆銅鐸が一般公開

南あわじ市で出土した「松帆銅鐸(どうたく)」の一般公開が、11月12日から玉青館で始まりました。
松帆銅鐸は平成27年、市内の石材製造販売会社の砂山から全7点が見つかり、「国宝級の史料」として注目されました。このたび、調査などが完了した銅鐸2点と舌(ぜつ)7本が常設展示されることとなりました。残りの5点は令和4年度までに南あわじ市に戻ってくる予定です。
銅鐸の発見者である西田達(とおる)さんは「まさかこんな大発見になるとは思っていなかった。ぜひ多くの人に見てほしい」と話していました。