ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織で探す > 長寿・保険課 > 災害等により保険料が支払えない時はどうすればいいですか。

災害等により保険料が支払えない時はどうすればいいですか。

印刷用ページを表示する更新日:2018年2月15日更新 <外部リンク>

回答

 災害など特別な事情で保険料の納付が非常に困難となったときは、保険料の納付猶予や、減免を受けられる場合があります。

 (1)災害等により、住宅・家財等に非常に大きな損害を受けたとき

 (2)第1号被保険者の属する世帯の生計を主として維持する者(生計維持者)が死亡または心身に障害を受け、若しくは長期入院(3ヶ月以上の入院)したことにより収入が大幅に減少したとき

 (3)生計維持者の収入が、事業または業務の休廃止、事業における非常に大きな損失、失業等により非常に大きく減少したとき

 (4)生計維持者の収入が、干ばつ冷害、凍霜害等により農作物の不作、不漁その他これに類する理由により非常に大きく減少したとき