ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織で探す > 長寿・保険課 > 国保:子どもを出産(流産・死産)しましたが給付は受けられますか。

国保:子どもを出産(流産・死産)しましたが給付は受けられますか。

印刷用ページを表示する更新日:2022年1月1日更新 <外部リンク>

回答

 出産したときまたは妊娠12週(85日)以降の死産・流産をしたときは,1児につき40万8千円の出産育児一時金が支給されます。
 ただし,産科医療補償制度に加入している分娩機関で出産(妊娠22週以降の死産を含む)した場合は1万2千円を加算して42万円が支給されます。
 また,出産にかかった費用をこの出産育児一時金で,国保から分娩機関に直接支払うことができる「直接支払い制度」がご利用できます。