ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > ゆめるんネット > 手当・助成 > 妊娠 > > 出産支援事業

出産支援事業

印刷用ページを表示する更新日:2018年5月1日更新 <外部リンク>

出産支援事業について

 南あわじ市では、妊婦がより健やかな妊娠期を過ごし、安心して出産を迎えられるよう妊婦健康診査の積極的な受診を推進しておりますが、現在、市内には分娩を取扱う医療機関がないことから市内で出産することができない状況となっており、兵庫県立淡路医療センターでは、産婦人科医師の不足により島内での出産を希望する妊婦の受け入れを一部制限せざるを得ない状態です。
 島外の産科医療機関を希望する妊婦にも安心して子どもを産むことができる環境づくりを推進するため、通院に係る費用の一部を助成します。

※妊婦健康診査は、妊婦とおなかの赤ちゃんの健康を守るために重要な健康診査であり、必要な健診回数が14回程度といわれていることから、妊婦健康診査に係る費用を助成することで、決められた時期に健診を受けるように推進しております。

対象者

南あわじ市に住所を有する方で、次の条件に該当する方

  1. 南あわじ市の妊婦健康診査費助成券を申請している方
  2. 島外の医療機関で妊婦健康診査を受け、同一の医療機関で出産した方

※原則、妊娠22週に達した日以後に出産した方に限る
※体調の急変及び悪天候等により医療機関を変更した場合も対象となる

助成額

平成30年5月1日以降の通院に対する助成が以下のとおり変更となりました

島外の医療機関へ通院した回数1回につき2,500円を助成します。
通院回数は、妊婦健康診査14回かつ出産1回を限度とします。

※妊婦健康診査については、妊婦健康診査費助成を受けた通院に限る。
※出産については、救急車を利用した場合は通院回数に含まれません。
※平成30年4月30日までの通院については、申請時にお問い合せください。

申請方法

出産後6か月以内に下記の必要書類をそろえ、南あわじ市健康課の窓口(市役所本館1階)へ申請してください。

【必要書類】

  • 助成事業申請書兼請求書(健康課窓口にあります)
  • 母子健康手帳
  • 妊娠届出前に受けた妊婦健康診査の領収書(原本)
  • 印鑑
  • 振込先の口座のわかるもの

後日、指定口座に助成金を振り込みます。


このページのトップへ