ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 市長の部屋 > ふれあい市長室 > 平成27年度 > ふれあい市長室(121)

ふれあい市長室(121)

印刷用ページを表示する更新日:2018年4月1日更新 <外部リンク>


市制10周年 皆様に感謝


平成27年11月 南あわじ市長 中 田 勝 久

    
 市制10周年を迎えた今年の秋も本格的になってまいりました。今までの10年間に感謝、そして、これからの10年、更にその先の未来に向けて、もう一度気を引き締めて臨んでまいります。なでしこ分団から報告を受ける中田市長の写真です
 さて、秋といえば、文化の秋、食欲の秋、そして南あわじ市においても、11月1日に、総合防災訓練を行いますが、防災の秋とも言えます。9月には、福良の津波防災ステーションを中心にうずまるフェスタが開催され、防災意識の向上を図るための様々なイベントが行われました。また、消防団の方々には日頃から市民の安心・安全のためにご尽力をいただいておりますが、今年は女性消防団員で構成する「なでしこ分団」が10月15日に横浜市消防訓練センターで開催された全国女性消防操法大会に出場し、47都道府県中7位と大健闘されました。日頃からの訓練の積み重ねがこのような好成績をもたらしたものと思います。

 食欲の秋といえば、先日「食まつり 畜産共進会」、「食と文化の市民まつり」が開催されました。酪農・畜産農家の減少は、良質なたい肥の減少、良質な土づくりにも影響を与えるものであります。市では、北海道牛導入への補助など、今後も様々な支援を継続してまいります。また、食と文化の市民まつりも多くの人で賑わいました。毎年、アトラクションに出演をいただいております市内小中学校による吹奏楽の演奏は、本当に高レベルであり、来場者も毎年楽しみにされているようです。両イベントともに、開催にご尽力いただきました実行委員会の方々に厚くお礼申し上げます。
 先般、TPP(環太平洋連携協定)の大筋合意が成立したことは、新聞やテレビで報道されているとおりであります。私も兵庫県選出の国会議員の先生方にお願いしているところですが、全国市長会では、1.国民生活全般に与える影響について明確な説明を求める、2.総合的な国内対策を速やかに講じること、3.地方における重要な産業である農林水産業が将来にわたり持続的発展を図るよう地域特性に応じた施策を講じることなどを先日国に対して要求をいたしました。
 また、国の最も重要な統計調査であります国勢調査が10月1日を基準日に全国で実施され、市民の皆さんにもお忙しい中ご理解・ご協力をいただき、有難うございました。
 市制10周年、市民の皆さんのご理解・ご協力に心より感謝申し上げますとともに、これからもよろしくお願い申し上げます。

 

感謝のイラスト