ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 市長の部屋 > ふれあい市長室 > 平成27年度 > ふれあい市長室(120)

ふれあい市長室(120)

印刷用ページを表示する更新日:2018年4月1日更新 <外部リンク>


竜巻発生!災害に対して今一度備えの確認を


平成27年10月 南あわじ市長 中 田 勝 久


 9月4日朝、市内で竜巻が発生しました。今回の竜巻は、建物被害などから風の強さを推定する「藤田(F)スケール」では、最も弱い「F0(ゼロ)」だとみられています。人的被害がなかったことは幸いでしたが、建物等への被害が発生しました。被害を受けられた方にお見舞いを申し上げます。また、台風18号などの影響で「特別警報」が発令された関東・東北地方では、行方不明、死者が多数でるなど甚大な被害が出ました。「特別警報」とは、大雨の場合、台風や集中豪雨により数十年に一度の降雨量となる大雨が予想されるなどと定義(気象庁HPより)されております。このたびは台風の進路により近畿圏への影響は少なかったものの、今後も台風の接近が心配されます。今一度、災害への備えをご確認いただきますようお願い致します。
 9月9日、「淡路花博2015花みどりフェア」の実行委員会が兵庫県公館で開催され出席してまいりました。フェア全体の入場者数が目標の300万人を上回る約360万人となるなど、集客効果、経済波及効果はもちろんですが、淡路島の花やみどり、豊かな食や歴史など島の魅力をおおいに発信することが出来ました。しかし、大切なのはこれからです。今後も淡路島、南あわじ市の魅力を島内外に積極的に発信し続けるとともに、引き続き淡路島名誉大使である桂文枝師匠のお力添えもいただきながら、交流人口の増大を図ってまいります。
 さて、9月は敬老行事が多く開催される時であります。本年度から、敬老会の開催を21地区の地域づくり協議会にお願いを申し上げ、各地区で開催していただいております。敬老会のみならず、地域活動にご理解・ご協力そしてご尽力いただいております多くの皆さま方に心から感謝と敬意を表します。
 また、平成19年の結成以来、火災予防啓発や救命講習での防災普及活動など様々な方面にご活躍をいただいております南あわじ市消防団「なでしこ分団」の皆さんが、来る10月15日に横浜市で開催される全国女性消防操法大会に出場されます。日ごろ家事や仕事を終えた後、練習を積み重ねておられる姿を拝見しますと、大会での活躍が大いに期待されます。「なでしこ分団ここにあり!」を全国に示していただけることと思います。
 本格的な秋になってまいりますが、夏の疲れが出てくる時期でもあります。市民の皆さんにおかれましてはご自愛いただきますとともに、施策へのより一層のご理解、ご協力をお願い申し上げます。


非常持出品のイラスト
▲非常持出品(例)