ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 新型コロナウイルス関連情報 > その他の情報 > 新型コロナウイルス感染症緊急経済対策による課税特例の延長について
現在地トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 国民年金・税・保険 > 軽自動車税 > 新型コロナウイルス感染症緊急経済対策による課税特例の延長について

新型コロナウイルス感染症緊急経済対策による課税特例の延長について

印刷用ページを表示する更新日:2020年7月1日更新 <外部リンク>

新型コロナウイルス感染症緊急経済対策として、下記のとおり課税特例の適用期限が延長されます。

自動車・軽自動車税環境性能割の軽減措置の期限の延長

令和元年10月から令和2年9月末までに購入した自家用自動車・軽自動車(中古含む)について、環境性能割の税率1%分を軽減となっているが、国内の自動車需要を支えるため、令和3年3月末まで軽減期間を延長する。

住宅ローン控除の入居期限の延長

新型コロナウイルス感染症の影響により、やむを得ず住宅ローン減税の入居期限(令和2年12月31日)に遅れた場合でも、以下の要件を満たしたうえで令和3年12月31日までに入居すれば、期限内に入居したのと同様の減税措置を適用する。
要件
(1)一定の期日までに契約が行われていること。
  ・注文住宅を新築する場合:令和2年9月末
  ・分譲住宅・既存住宅を取得する場合、増改築等をする場合:令和2年11月末
(2) 新型コロナウイルス感染症の影響によって、注文住宅、分譲住宅、既存住宅又は増改築等を行った住宅への入居が遅れたこと。

その他の税制措置

その他の税制措置については下記の兵庫県のホームページで確認していただけます。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)