ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ハモ

印刷用ページを表示する更新日:2016年4月1日更新 <外部リンク>

沼島のハモ

ハモすき

 南あわじ市の沼島で獲れるハモは、皮が薄くて身がプリッとしています。これは、沼島周辺の海域はえさが豊富で海底の泥が柔らかいなど、ハモの生息に適しているからとされています。

 ハモは生命力が強く大阪や京都に生きたまま運ぶことができ、京都の祇園祭などでも食べられています。特産の淡路島たまねぎと一緒に煮るハモすき鍋は、ハモのうまみにたまねぎの甘みが溶け込む逸品です。