ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育 > 文化財 > > 歴史体験フィールドワーク「淡路島と海洋国家の成り立ち」の開催について

本文

歴史体験フィールドワーク「淡路島と海洋国家の成り立ち」の開催について

印刷用ページを表示する更新日:2023年3月10日更新 <外部リンク>

南あわじ市歴史遺産体験フィールドワーク「淡路島と海洋国家の成り立ち」 開催

 この事業は、「城郭」という切り口から、歴史文化遺産を見て、聞いて、触れて、歴史や淡路島の魅力や歴史を知っていただく市民講座です。 今年度は、「淡路島と海洋国家の成り立ち」と題し、淡路島日本遺産に登場する「海人」に始まり、各時代ごとの水軍や海軍など「海」に関係することを取り上げています。
この市民講座を通じ、淡路島の歴史や文化財に親しんでいただければと思います。

 

チラシはこちらから→  南あわじ市歴史体験フィールドワーク 募集チラシ [PDFファイル/1.5MB]

 
日時・場所 内容

定員(先着)・参加費
5月1日 現在 申し込み状況

5月13日(土曜日)
9時30分~17時00分
中央公民館講義室
松帆台場など
〇講師 城郭研究家 本岡 勇一氏
・講師紹介 ・今年度の事業について ・城郭の変遷 ・淡路島と周辺の城郭
・フィールドワーク  (志知城、松帆台場、岩屋城)

45人 500円

(申し込み状況:空き有り)

6月10日(土曜日)
13時30分~15時00分
中央公民館講義室
〇講師 立命館大学文学部 教授 唐澤 靖彦氏
・近代軍事史から見える淡路島 ~海峡防備と淡路島~

50人 100円

(申し込み状況:空き有り)

6月17日(土曜日)
6時15分~19時30分
南あわじ市役所 発
〇フィールドワーク(愛媛県今治市)【日本遺産認定】
講師 城郭研究家 本岡 勇一氏
・日本史上最大の水軍「村上海賊の航跡」を知る。
・村上海賊ミュージアム、能島城ほか

50人 6,000円

(申し込み状況:キャンセル待ち)

 

【申し込み方法】

・住所 ・氏名 ・連絡先 ・申し込む講座名 を明記し下記の方法で申し込みください。

(1) Fax(0799-42-3806) (2)持参(平日9時00分~17時00分) (3)メール maizoubunkazai◎city.minamiawaji.hyogo.jp (◎をアットマークに変換してください。)

 

【問い合わせ】
 南あわじ市埋蔵文化財調査事務所 南あわじ市神代国衙1100
・電話   0799-42-3849 (平日9時00分~17時00分)
・メール  maizoubunkazai◎city.minamiawaji.hyogo.jp (◎をアットマークに変換してください。)

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)