ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織で探す > 農林振興課 > スーパーL資金の金利負担軽減措置について

スーパーL資金の金利負担軽減措置について

印刷用ページを表示する更新日:2016年4月1日更新 <外部リンク>

平成24年度において「地域農業マスタープラン」に地域の中心となる経営体として位置付けられた認定農業者が借り入れるスーパーL資金について、資金繰りに余裕がない貸付当初5年間の金利負担を軽減します。

スーパーL資金の金利負担軽減措置の概要についてはこちら [PDFファイル/125KB]

 金利負担軽減措置の概要

 対象者

  • 地域農業マスタープランに地域の中心となる経営体として位置付けられた認定農業者

 借入条件

  • 対象資金:スーパーL資金
    ※国の補助金(交付金を含む。)の交付決定を受けた事業の補助残事業部分に充てるために融通される資金は対象外
  • 借入限度額:個人1.5億円、法人5億円
  • 償還期限:25年以内(うち据置期間10年以内)
  • 融資枠:300億円
  • 金利負担軽減措置:貸付当初5年間実質無利子化

 スーパーL資金の概要

認定農業者の自主性と創意工夫を活かした経営改善を、資金面で応援する資金制度です。

スーパーL資金(農業経営基盤強化資金)について(外部リンク:日本政策金融公庫)<外部リンク>

 借入条件等

  • 資金用途:農地取得を含む施設整備、長期運転資金等
  • 借入限度額
    個人1.5億円(複数部門経営等は3億円)
    法人5億円(常時従業者数に応じ10億円)
  • 借入金利:償還期限に応じて0.6~1.40%(平成23年12月19日現在)
  • 償還期限:25年以内(うち据置期間10年以内)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)