ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 新型コロナウイルス関連情報 > 感染症対策について > 緊急事態宣言にかかる市長メッセージ(令和3年1月13日)

緊急事態宣言にかかる市長メッセージ(令和3年1月13日)

印刷用ページを表示する更新日:2021年1月13日更新 <外部リンク>

危機感を共有し、一致団結して難局を乗り切ろう!

昨年、新型コロナウイルス感染症が拡大し始めて以降、私達は、学校の一斉休校や緊急事態宣言に伴う外出の自粛をはじめとする様々な制約に直面しました。また、日常生活での感染症対策にも細心の注意が求められました。そうした中で、市民の皆様、市内事業者の皆様のご尽力により、本市では、様々な事案に直面しつつも、いわゆる市内感染の蔓延を防ぎつつ、社会経済活動も比較的活発に継続してきたところです。皆様には心より感謝申し上げます。

しかしながら、昨年秋から、大都市部を中心に、感染者数の大幅な増加傾向が止まらない状態となり、国の経済刺激措置が中止され、今般、兵庫県を含む11都府県に再び緊急事態宣言が発出されました。この事態を乗り切り、再び人々が正常な日常生活を取り戻すためには、今、国民全体が強い危機感を共有し、感染拡大の鎮静化に最大限の努力を行うことが必要です。

このため、南あわじ市においても、市民の一人ひとりが強い意識をもって感染症拡大を防止するための行動を徹底し、自分や大切な人を感染から守ることはもちろん、一致団結して感染症に強い地域社会づくりを進めていくことが大切だと思います。

そして、この努力が実って春にも条件が整えば、再び、市民・議会・行政が一体となって取り組みを展開し、経済・社会・文化など幅広い面で、南あわじ市に元気を取り戻したいと思っています。市民の皆様におかれましては、何卒ご理解とご協力のほどお願いいたします。

外出の自粛 

  • 不要不急の外出の自粛、特に20時以降の不要不急の外出自粛の徹底をお願いします。
    (通勤、通学、通院、生活必需品の買い出し、健康維持の為の散歩などを除く)

  • 緊急事態宣言対象地域など感染拡大地域への往来の自粛をお願いします。
    (受験、就職活動を除く)

  • 地域で必要な会合等を実施する際は、感染防止対策を徹底してください。
    (20時までに終了するのが望ましい)

感染防止対策の徹底

  • 「マスクの着用」、「手洗い・手指の消毒」、「毎日の検温」、「3密(密閉空間・密集場所・密接場面)の回避」など基本的な感染防止対策の徹底と健康管理をお願いします。
  • 発熱、味覚・臭覚障害等の症状がみられるなど、感染を疑う場合は外出を控え、直接医療機関を受診するのではなく、まずはかかりつけ医に電話で相談してください。かかりつけ医などがない場合は、下記の医療相談窓口に電話で相談をしてください。

風評被害の防止

  • 感染された方やその家族、医療関係者の人権を尊重し、いわれのない憶測やデマなどによる誹謗中傷を防止するとともに、あなた自身が風評被害に加担しないよう、市民が一丸となって思いやりを持った対応をしていきましょう。
  • 食料、医薬品、生活必需品の買い占め等を行わないよう、冷静に対応してください。

 

令和3年1月13日

南あわじ市長 守本 憲弘 

 

医療相談窓口

〇 兵庫県 新型コロナ健康相談コールセンター

電話 078-362-9980

(受付時間:24時間(土曜日・日曜日・祝日含む)) 

〇 洲本健康福祉事務所(帰国者・接触者相談センター)

電話 0799-26-2062

(受付時間:平日 午前9時~午後5時30分)

緊急事態宣言にかかる市長メッセージ(令和3年1月13日) [PDFファイル/168KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)