ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 新型コロナウイルス関連情報 > 生活支援 > 住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金のご案内

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金のご案内

印刷用ページを表示する更新日:2022年7月27日更新 <外部リンク>

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、さまざま困難に直面した方々に対し、早くに生活・暮らしの支援を行う観点から、住民税非課税世帯に対して、1世帯あたり10万円の現金を給付する事業です。

ご案内 [PDFファイル/899KB]

(注意)令和3年度の非課税もしくは家計急変により本給付金を既に給付している、または対象となった世帯は除きます。既に本給付金を給付された世帯に再度支給されるものではありません。

支給額

1世帯あたり10万円

支給の対象となる世帯

基準日(令和4年6月1日)において、南あわじ市に住民登録のある、以下の要件をすべて満たす世帯

  • 令和3年12月10日に住民基本台帳に登録されている世帯
  • 世帯全員が住民税非課税である世帯
  • 世帯全員が住民税課税者に扶養されていないこと
  • 令和3年度住民税非課税世帯に対する給付の対象となる世帯(未申請や辞退
    含む)と同一の世帯およびこの世帯の世帯主であった者を含む世帯または家計
    急変世帯に対する給付を受けた世帯ではないこと

手続期限

令和4年10月25日

手続方法

(世帯のすべての方が、令和3年12月10日以前から現住所にお住まいの場合)
対象となる世帯には、令和4年7月25日に南あわじ市から、給付内容や確認事項が書かれた確認書を郵送しています。内容を確認して、南あわじ市に返送してください。一部添付書類が必要な場合があります。

 

(世帯の中に、令和3年12月11日以降に転入した方がいる場合)
対象となる世帯には、令和3年度分の非課税世帯もしくは家計急変により本給付金を既に給付していないか、また、令和4年度の住民税均等割が非課税かどうかを前住所地に照会します。非課税であることが確認でき次第、給付内容や確認事項が書かれた確認書(または申請書)を郵送予定です。内容を確認して、南あわじ市に返送してください。一部添付書類が必要な場合があります。

よくある質問

Q:どのような世帯が住民税非課税世帯の支給対象となりますか。

A:基準日(令和4年6月1日)において世帯全員の令和4年度分の住民税均等割が非課税である世帯です。ただし、世帯全員が、課税されている方の扶養親族等になっている場合は対象外となります。

Q:基準日(令和4年6月1日)後に世帯分離をした場合、給付はどうなりますか。

A:世帯は基準日(令和4年6月1日)において判定するため、基準日後に世帯分離をしても別世帯として対象にはなりません。

Q:令和4年度の住民税非課税世帯とは、いつの収入で判定されますか。

A:令和3年1月1日から令和3年12月31日の収入です。

Q:世帯全員が住民税課税者に扶養されていないこと、とはどのようなものでしょうか。
A:例えば対象外となる世帯に以下の例があげられます。この非課税世帯の全員が、課税されている者の被扶養者となっている場合、本給付金の対象外となります。
 ・単身赴任の方(課税)に扶養されている家族のみの世帯
 ・親(課税)に扶養されている大学生などの単身世帯
 ・子(課税)に扶養されている両親の世帯

Q:令和3年度住民税非課税であり既に給付金を受け取っていますが、令和4年度も住民税非課税であれば再度給付金を受け取れますか。

A:本給付金は複数回受給することはできません。令和3年度住民税非課税世帯に対する給付金(家計急変世帯に対する給付金を含む。)を受給済の世帯は、令和4年度住民税非課税世帯に対する給付金の支給対象外です。

Q:外国人は給付対象者ですか。

A:令和3年 12 月 10 日に住民基本台帳に記録されている外国人は、給付対象者となります。なお、租税条約に基づく課税免除の適用を受けている方については、本給付金の対象とはなりません。

Q基準日(令和4年6月1日)以降、確認書を返送前に、世帯主が亡くなった場合等はどうなりますか。
A:(1)確認書の返送・申請を行うことなく亡くなられた場合
    ・この世帯主以外の世帯員がいる場合
     その世帯員のうちから新たな世帯主となった方が申請し、給付を受けることになります。す。
    ・単身世帯の場合
     世帯自体がなくなってしまうため、給付されません。

  (2)確認書の返送・申請を行った後に亡くなられた場合
     ・この世帯主に給付が行われ、他の相続財産とともに、相続の対象となります。

Q:給付金を受け取るのは、誰になりますか。
A:受給権者は、その方の属する世帯の世帯主です。原則として、世帯主名義の銀行口座への振込みとなります。

Q:臨時特別給付金の振込が決定したら、南あわじ市から何かお知らせは届きますか。
A:振込完了後に、南あわじ市から振込完了通知を発送します。

Q:課税世帯ですが、非課税相当に収入が落ち込んだ場合は対象になりますか。

A:課税世帯が非課税相当額まで収入が落ちた場合、家計急変世帯として給付を受けられる可能性がありますので、こちらのページから給付要件をご確認ください。(家計急変世帯の申請は令和4年9月30日で受付を終了しました)

お問い合わせ先

臨時特別給付金コールセンター 

0799-43-5920(平日9時00分~17時00分)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)