ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織で探す > 長寿・保険課 > 南あわじ市における認知症高齢者等の見守り・SOSネットワーク

南あわじ市における認知症高齢者等の見守り・SOSネットワーク

印刷用ページを表示する更新日:2020年10月12日更新 <外部リンク>

南あわじ市における高齢者等の見守り・SOSネットワーク

SOSネットワークとは?

 高齢期になると、記憶力・判断力が低下してくることがあります。さらに認知症になると、道を間違えたり、自分がどこにいるのかわからなくなり、その結果家に帰れなくなる方もいます。
 認知症のある高齢者の行方不明の背景には、家族が認知症に気づいていない例や、気づいていても恥じたり隠したりして助けを求めなかったり、対応が困難で家族が疲れていたりといったことがあります。
 そこで、認知症の方やその家族を地域で支えるための住民ネットワークを築いていこうという動きが様々な地域で始まっています。これがSOSネットワークです。
 行方不明になる恐れのある認知症高齢者等を日頃から見守り、行方不明となった場合に早期に発見できる体制を整える事を目指しています。

事前登録制度とは?

 認知症などの病気により行方不明になる恐れのある方が、事前に本人の身体的特徴や連絡先、写真などを登録しておく制度です。緊急事態が起こった場合は、登録された情報を元に各関係機関や地域での協力者が捜索するものです。
 事前登録することにより早期発見や日頃の見守りができるため、ご本人・ご家族の方の安心につながります。(ただし、登録があっても、自動的に所在不明者を捜索や保護するものではありません)

事前登録を申し込みたい場合は?

登録にあたっては、ご家族などの事前届出が必要です。
詳しくは「南あわじ市地域包括支援センター 電話:(0799)43-5237」へお問い合わせ下さい。

見守り・SOSネットワークに協力いただける方を募集しています。

見守り・SOSネットワーク協力機関の役割とは?

 南あわじ市では、在宅で生活されている認知症高齢者の方や家族が安心して地域で生活できるよう、協力してくださる市内の団体や企業を募集しています。
 登録いただいた方には、捜索など活動を強制するものではなく、地域での日常的な見守り(生活を通じた目配り)や日頃の生活の中でそのような方を見かけた際にちょっとした声かけや関係機関等に連絡していただくなど、対象者が行方不明になった際に可能な範囲で早期発見にご協力いただくものです。(捜索など活動を強制するものではありません。)

ご協力(登録)いただける場合は?(問い合わせ先)

登録にあたっては、届出をお願いしております。
詳しくは、「南あわじ市地域包括支援センター 電話:(0799)43-5237」へお問い合わせ下さい。

行方不明になった場合は?

なるべく早く「南あわじ警察署 電話:(0799)42-0110」に連絡しましょう。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)