ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > ゆめるんネット > 子どもの預かり・学校 > 出産0~5歳(就学前) > > 平成31年度保育所等の入所について

平成31年度保育所等の入所について

印刷用ページを表示する更新日:2018年10月1日更新 <外部リンク>

保育所(園)の入所方法

認定制度について

平成27年度より、子ども・子育て支援新制度のスタートに伴い、保育施設等利用のための認定申請が必要となりました。

認定は、子どもの年齢や保育希望の有無により3つの区分に分けられ、保育施設等の利用先が決まります。

 

1号認定

2号認定

3号認定

内容

教育標準時間(4時間程度の幼児教育時間)認定 満3歳以上・保育認定 満3歳未満・保育認定

対象

お子さんが満3歳以上で、教育を希望する場合 お子さんが満3歳以上で、入所要件に該当し、保育施設等での保育を希望する場合 お子さんが満3歳未満で、入所要件に該当し、保育施設等での保育を希望する場合

利用先

幼稚園、認定こども園 保育所、認定こども園 保育所、認定こども園、地域型保育

また、2号認定と3号認定については、保育が必要な時間(就労時間等)により、保育標準時間と保育短時間の2つの区分に分けられます。

 

  1.保育標準時間 ・・・ 就労時間:月120時間以上

                 保育施設等利用可能時間:保育施設開所時間(8時~18時)

  2.保育短時間   ・・・ 就労時間:月64時間以上120時間未満

                 保育施設等利用可能時間:8時間(8時~16時)

  ※ 保育短時間に認定された場合でも16時~18時の延長保育を利用できる場合がありますので、各保育施設へ

    ご相談下さい。

  ※ 私立保育園、認定こども園、地域型保育所(小規模、事業所内保育所)の利用時間は各施設で異なります。

 

保育所(園)とは

保育所(園)は家族(父母や祖父母など)の皆さんが働いていたり、病気だったり、病人の看護にあたっているなどいろいろな事情のために、お子さんの面倒をみることができないような状況にあるとき、保護者の委託を受けてお子さんを保育する通所型の児童福祉施設です。

認定こども園とは

教育と保育を一体的(保育所と幼稚園の両方の機能を持っている)に行う児童福祉施設です。

保育を希望する場合は、保育所入所と同様の入所要件となり、保育を希望しない場合は、家族の就労有無に関わらず、入園が可能です。

地域型保育所とは

原則20人以下の少人数の単位で、保育を希望する0歳から2歳までの子どもを預かる施設です。

入所要件

次の要件に該当する児童です。

  1. 南あわじ市に住民登録され、世帯を有する家庭の児童。
  2. 児童の保護者(両親等)が「保育を必要とする理由」のいずれかに該当する場合(保育を希望する場合のみ)

保育の実施を必要とする理由

  1. 就労  
    保護者等が昼間に労働することを常態としている場合
  2. 母親の出産等
    母が妊娠中または産後間がない場合
  3. 疾病・障害等
    保護者等が疾病、負傷、または精神や身体に障害があるため、児童を保育できない場合
  4. 病人の看護等
    保護者等が長期にわたり疾病や心身に障害のある同居の親族を常に介護しているため、児童を保育できない場合
  5. 家庭の災害
    震災、風水害等、火災その他の災害の復旧に当たっている場合
  6. 求職活動
    保護者が求職活動中または起業準備中であり、児童を保育できない場合 
  7. 就学
    保護者が学校へ通っているまたは職業訓練中であり、児童を保育できない場合
  8. 虐待やDVのおそれがある
    保護者が育児放棄等で児童虐待の疑いがあるまたは夫婦間のDVなどにより支援が必要であると認められる場合
  9. 育児休業取得時に、既に保育所を利用している子どもがいて継続利用が必要であること
    育児休業を取得する前に、既に保育所に入所していた児童について、小学校入学を控えており、子どもの発達上、環境の変化に注意する必要がある場合
  10. 特例・その他  市長が認める前各号に類する常態にある場合

※入所案内書は、申込書配付時にお渡しいたします。
※なお、上記の「保育の実施を必要とする理由」に該当する児童として申込されても、次のような場合には、入所できないことがありますのであらかじめご了承ください。

  • 申込内容に虚偽があった場合→入所されていても途中退所していただくことになります。
  • 定員数を超えて入所申し込みがあった場合 →保護者の就労状況や家庭状況等を考慮し、より保育の必要性の高い子どもを優先します。そのため、第2・第3希望の施設への入所、または入所できないことがありますのでご了承ください。

申込方法

  申込書に必要事項を記入し、「保育を必要とすることの証明書等」を添付して、入所を希望する保育施設にてお子さんと一緒に手続きしてください。面接を行います。
市外の保育施設への入所を希望される方は、子育てゆめるん課へお問い合わせください。 
※申込書等は、各保育施設にあります。

 受付時期

平成31年度入所(園)申込受付

  • 平成30年10月22日(月曜日)~平成30年10月27日(土曜日)
  • 午前9時00分~午後5時00分  ※27日(土曜日)については正午まで
  • 伊加利こども園については平成30年10月26日(金曜日)まで

随時受付

  • 入所希望月の前月15日頃までの受付となります
  • 定員により、入所できない場合がありますので、新年度入所受付時に手続きされることをお勧めします

保育所開所時間

  • 月曜日~金曜日(午前8時~午後6時) ※市・神代保育所については、午前7時~午後7時
  • 土曜日(午前8時~午後0時) ※市立保育所の土曜日保育は、八木保育所・賀集保育所での集約保育となります。
  • 私立施設の開所時間については各施設へお問合せください。 

保育料

 住民税額に応じて決定します。 (4月から8月は前年度、9月以降は当年度の住民税を参照)
 ただし、年度当初の4月1日時点で満3歳以上の児童については、保育料は無料(給食費のみ負担)です。

延長保育

  • 市立では、「市・神代保育所」で7時~19時の延長保育(有料)を実施しています。

    ※ 利用される場合は、保育所へお問い合わせください。

一時保育

詳しくは、「一時保育サービスについて」をご覧ください。

保育所入所についての相談

入所希望の保育施設または、子育てゆめるん課(電話0799-43-5219)

市内保育所(園)の一覧

保育所・園

所在地

電話

定員

受入年齢

備考

公立保育所・園

倭文保育園 倭文庄田275 46-0654

60

生後10ヵ月以上  
広田保育園 広田中筋195-1 45-0040

150

生後10ヵ月以上  
榎列保育所 榎列下幡多432 42-2392

120

生後10ヵ月以上  
八木保育所 八木鳥井427 42-0559

120

生後10ヵ月以上  
市保育所 市三條886 42-0215

150

生後10ヵ月以上

平日延長保育(有料)
7時00分~7時30分

18時30分~19時00分

神代保育所 神代地頭方1496-1 42-1252

120

生後10ヵ月以上  平日延長保育(有料)
7時00分~7時30分

18時30分~19時00分

志知保育所 志知佐礼尾363 42-3101

45

生後10ヵ月以上 一時保育有
賀集保育所 賀集1028 54-0458

120

生後10ヵ月以上  
北阿万保育所 北阿万新田中57-1 55-0075

90

生後1歳以上  
阿万保育所 阿万下町41 55-0133

90

生後1歳以上  

認定こども園

公私連携幼保連携型認定こども園

福良こども園

福良乙1198-1 52-0252 130 生後10ヶ月以上

平日7時30分~18時30分

土曜日7時30分~12時30分

一時保育有

幼保連携型認定こども園
松帆北
松帆櫟田198 36-2410

40

生後2ヵ月以上 月~土7時30分~18時30分
幼保連携型認定こども園
松帆南
松帆高屋乙192 36-2344

110

生後2ヵ月以上

月~土7時30分~18時30分

南あわじ市立伊加利こども園 南あわじ市伊加利614-2 39-0026 40

生後10か月以上

※条件あり

月~土8時00分~18時00分

※土曜は正午まで

地域型(事業所内)保育所

ぬしま保育園 沼島2484 57-0021

12

生後6ヵ月以上 月~金8時00分~17時00分
土曜日8時00分~12時00分
すくすく保育園 八木寺内1152-1 43-2139

19

(地域枠5名)

生後2ヵ月以上

月~土7時30分~18時30分
延長保育18時30分~19時00分

※土曜は18時00分まで

翁寿園保育所 八木寺内373-1 42-6006

7

(地域枠2名)

生後10ヵ月以上 月~日8時30分~18時00分

関連リンク

幼稚園の入園


このページのトップへ