ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます

印刷用ページを表示する更新日:2022年1月1日更新 <外部リンク>

消費者トラブルにご用心

~民法改正で令和4年4月から成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます~

【成年(18歳)になると】

  • 親の同意を得ず自分の意志で様々な契約ができるようになります。

(例)スマホ契約、クレジットカードを作る、ローンを組むなど

  • 未成年者取消権は行使できなくなります。そのため若者の消費者被害の拡大が懸念されます。

 

※未成年者取消権・・・20歳未満の「未成年者」がする契約は、父母など法定代理人の同意が必要です。

法定代理人の同意がない契約は取り消すことができます。

※飲酒、喫煙、公営ギャンブルに関する年齢制限は20歳のままで変わりません。

 

【参考サイト】

政府広報オンライン「18歳から大人に!成年年齢引き下げで変わること、変わらないこと」<外部リンク>

 

消費者トラブルの相談窓口

日時:平日の午前9時~正午、午後1時~4時

場所:市役所本館2階

問い合わせ先:消費生活センター

電話:0799-43-5099