ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
2024年6月17日更新
<外部リンク>

本文

「荒神谷発見!~出雲の弥生文化~」開催のお知らせ

tirasi3  tirasi4

荒神谷遺跡発見40周年を記念した展覧会が、島根県立古代出雲歴史博物館で開催されます。

松帆銅鐸は、島根県で複数埋納された荒神谷銅鐸や加茂岩倉銅鐸と同笵(どうはん)※です。

今回、その同笵銅鐸である松帆3号銅鐸と5号銅鐸が2000年ぶりに島根の兄弟銅鐸と並びます。

このような機会は次いつあるかわかりませんので、ぜひともご覧ください。

※銅鐸は石製鋳型を使いますが、同じ鋳型でできた銅鐸を同笵銅鐸と呼びます。
 鋳型を母に見立てて、兄弟銅鐸とも言います。

 

期間・会場

日時 令和6年7月12日(金曜日) ~ 令和6年9月8日(日曜日)
会場 島根県立古代出雲歴史博物館 (島根県出雲市大社町杵築東99-4) Tel 0853-53-8600
開館時間 9時00分~18時00分 
休館日 7月16日(火曜日)、8月6日(火曜日)、8月20日(火曜日)、9月3日(火曜日)

 

関連講座(要事前申込 オンラインで同時配信)

1.7月13日(土曜日) 荒神谷銅剣はいかに創り出されたのか 吉田 広氏
2.7月27日(土曜日) 青銅器をもつことと弥生社会 若林 邦彦氏
3.8月3日(土曜日) 青銅器なき世界からみた弥生社会 寺前 直人氏
4.8月24日(土曜日) 荒神谷大量青銅器の発見とその後 足立 克己氏

 

詳細はチラシ、博物館のHPをご覧ください。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


  • 弥生ブロンズネットワーク<外部リンク>
  • 淡路日本遺産<外部リンク>
  • あわじ国バーチャンリアリティ<外部リンク>
  • 美菜恋来屋<外部リンク>