ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
2022年5月11日更新
<外部リンク>

「古代織り研修会」 開催のお知らせ

 古代織り研修会   開催   ≪満席≫

南あわじ市の倭文地区では、5世紀後半ごろ「倭文部民(しとおりべ)」と呼ばれる織物に秀でた集団がいて、当時の大和政権の保護下で「倭文布(しずおり)」を作り、献上していたと記録が残されています。倭文布はコウゾやカラムシなどの植物繊維を紡ぎ、糸にして、藍などの染料で染色していたとされています。

県立考古博物館では、古代の生活様式の再現に取り組み、考古学の普及に努めており、今回は「織物」をテーマに、昔の生活様式を体験してみましょう。
 こだいおり

日時・会場など  ★(1)(2)とも定員に達しました。

※ (1)と(2)は同じ内容です。 
日付 (1)令和4年5月28日(土曜日)
   (2)令和4年6月25日(土曜日)

時間 8時30分~16時30分

集合 南あわじ市役所 第二別館前 8時30分集合 (マイクロバス乗り合わせ)

会場 兵庫県立考古博物館 (播磨町)

参加費 800円

持ち物 マスク、タオル、昼食

服装 軽装

詳細はこちら 古代織り研修会 案内 [PDFファイル/144KB]

 

申し込み・問い合わせなど   定員に達しました。

  定員に達しましたので受付を終了しました。

 

 

 ご参加の際は、マスクの着用、検温、手指の消毒にご協力をお願いします。
 新型コロナウィルスの感染状況によっては、延期もしくは中止になることがありますので、ご了承ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


  • 弥生ブロンズネットワーク<外部リンク>
  • 淡路日本遺産<外部リンク>
  • あわじ国バーチャンリアリティ<外部リンク>
  • 美菜恋来屋<外部リンク>