ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > ケーブルテレビ民間化Q&A > 工事について > 宅内工事 > 移行の宅内工事費用はいくらかかりますか
民間化について
工事について

移行の宅内工事費用はいくらかかりますか

印刷用ページを表示する更新日:2017年4月1日更新 <外部リンク>

回答

移行工事の宅内工事はeoの定める標準工事部分については無料です。
別に費用が必要となる主な工事例は下記のとおりです。

  • 新たにBS/CSアンテナと混合する場合
  • BS/CS放送をテレビやレコーダー等で視聴するために、分波器を新たに設置する場合
  • 宅内の既存配線や機器が劣化している場合など、そのままでは利用できない場合
  • 2台目以降のテレビやレコーダーの受信調整を依頼する場合(1台目は無料です)
  • 既存の配線以外の場所へ追加で配線を依頼する場合
  • インターネット契約がある場合の2台目以降のパソコンやタブレット等の設定を依頼する場合
  • その他標準工事外の工事を依頼する場合
    ※詳しくは、eo光Webサイト<外部リンク>(外部サイト)をご覧ください。

有料工事部分は、eo光の工事員が事前に見積書を作成しますので、内容や金額をご確認の上、そのままご依頼いただくか、地元の電気店に別にご依頼ください。

地元の電気店で施工する場合は、その電気店に再度見積をご依頼ください。
eoの工事員が一旦撤収した後で、再度工事を依頼する場合は、再出張が必要となりますので、見積額が変更となります。ご注意ください。