ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 新型コロナウイルス関連情報 > その他の情報 > 新型コロナウイルス感染症の影響により中止等になったイベントの入場料金等の払戻しを辞退した場合の寄付金控除の特例について
現在地トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 国民年金・税・保険 > 市民税 > 新型コロナウイルス感染症の影響により中止等になったイベントの入場料金等の払戻しを辞退した場合の寄付金控除の特例について

新型コロナウイルス感染症の影響により中止等になったイベントの入場料金等の払戻しを辞退した場合の寄付金控除の特例について

印刷用ページを表示する更新日:2020年10月14日更新 <外部リンク>

指定行事の入場料金等の払戻を辞退した場合の寄付金控除の特例

新型コロナウイルス感染症の影響により中止又は延期になった国・県・市が指定する文化芸術・スポーツイベント(指定行事)の入場料金等の払戻しを辞退した場合、寄付金控除の対象となります。

対象になるイベント

令和2年2月1日から令和3年1月31日までの間で開催予定であったが、中止又は延期になってしまったイベントのうち、国ならびにお住いの自治体(都道府県、市町村)が指定するもの

国・兵庫県・南あわじ市が指定するイベント(指定行事)

国と兵庫県と南あわじ市の指定するイベントは同じになります。
下記のスポーツ庁のホームページで最新の指定行事を確認していただけます。

寄付金控除までの流れ

1 主催者等からの申請に基づき、文化庁・スポーツ庁が対象イベントを指定

2 参加者が主催者に払戻しを受けないことを連絡。

 主催者等から、対象イベント認定証明書(仮称)と払戻請求権放棄証明書(仮称)を入手

3 確定申告の際に、上記2点の証明書とともに申告。寄付金として税優遇の対象となる。

詳細

スポーツ庁のホームページで確認していただけます。
リーフレット

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)