ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織で探す > 体育青少年課 > ~アジア国際子ども映画祭~

~アジア国際子ども映画祭~

印刷用ページを表示する更新日:2019年6月28日更新 <外部リンク>

アジア国際子ども映画祭

映画祭ポスター

アジア国際子ども映画祭とは?

 アジア国際子ども映画祭は、子どもたちが自ら制作した3分間の映像作品をコンテストする子どもたちのための映画祭です。
 近年、子どもたちを取り巻く環境は、非行やニート、いじめ、青少年犯罪といった様々な問題を抱えています。この映画祭は、こういう時代を生きる子どもたちに少しでも夢や希望を与えたいという想いから生まれました。
 映像制作には、できるだけ大人は介入せず、脚本から撮影・制作に至るまでのすべてを子どもたちだけが担うことで、協調性や責任感を養い、精神的な成長を望むことができると考えています。また、作品を完成させた達成感は、子どもたちに自信を与えることにつながります。
 子どもたちがそれぞれの思いや心の中を映像として表現し、社会に向けて発信したものを周りの大人たちが受け止め、考える機会となれば幸いです。
 この映画祭は、「子どもの心に内視鏡を入れよう」という試みです。

作品テーマ

2019年のテーマ 『迷惑をかけることとは?』
           ~自分だけが、良ければいいか?人のことも考えてあげられるか?~

【参考:過去のテーマ】

 2018年のテーマ 『自己責任(じこせきにん)』
 2017年のテーマ 『学校の先生』
 2016年のテーマ 『私の嫌いなこと』
 2015年のテーマ 『私が幸せを感じるとき』
 2014年のテーマ 『わたしの夢』
 2013年のテーマ 『いじめ』
 2012年のテーマ 『あなたにとっての命』
 2011年のテーマ 『学ぶこと(まなび)・教育』

応募資格

小学生、中学生、高校生及びそれらの年齢に相当する個人、またはグループ

応募規定

  • ホームビデオ等で撮影した3分以内の作品。(※未公開作品)
  • 1作者(1グループ)につき1点の応募。
  • 作品はDVD(ファイナライズ処理済のもの)での応募。

審査基準

作品の「訴える力」を評価します。技術的に未熟であっても純粋で素直な心を映し出したものを評価します。

  • 小学生と中学生は主に表現力と何を題材にしたかが優れた作品
  • 高校生は上記に加え、技術力や表現力、カメラワークなどのすぐれた作品

※カメラマン、監督、演出、脚本、編集が子どもによるものであること。
※大人がカメラをまわすことはできません。
※大人が出演することはできます。
※テロップを多用しない。

外部リンク

 アジア国際子ども映画祭<外部リンク>
 2019年本選大会は、南あわじ市で開催されます。
 上位受賞者の作品は、本選大会にノミネートされ、制作者は招待されます。

各ブロックお問い合わせ&申込先

【北海道北ブロック】
北見市子ども未来部青少年課(☎0157-33-1846)
〒090-8509 北海道北見市大通西2丁目1番地 まちきた大通ビル庁舎4階

【北海道南ブロック】
江別市教育委員会教育部生涯学習課(☎011-381-1069)
〒067-0074 北海道江別市高砂町24番地の6

【滋賀県及び中部・北陸ブロック】
彦根市市長直轄組織シティプロモーション推進課(☎0749-30-6143)
〒522-8501 滋賀県彦根市中央町2番26号

【九州ブロック】
かごしま県民大学中央センター(☎099-221-6606)
〒892-0816 鹿児島県鹿児島市山下町14-50(かごしま県民交流センター内)

【東北ブロック、関東ブロック、関西(滋賀県除く)・四国ブロック、沖縄ブロック】
アジア国際子ども映画祭 IN南あわじ市実行委員会事務局(南あわじ市教育委員会 体育青少年課内)
〒656-0492 兵庫県南あわじ市市善光寺22番地1(☎0799-43-5234)
※申込の受付の際に取得した個人情報は、映画祭の事務手続き以外には使用しません。