ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織で探す > 商工観光課 > 生産性向上特別措置法に基づく「先端設備等導入計画」の認定申請について

生産性向上特別措置法に基づく「先端設備等導入計画」の認定申請について

印刷用ページを表示する更新日:2018年6月28日更新 <外部リンク>

生産性向上特別措置法に基づく「先端設備等導入計画」の受付を開始しました

 本市では、中小企業等の労働生産性の向上を図るため「生産性向上特別措置法」(平成30年6月6日施行)に基づく「導入促進基本計画」を策定し、同年6月13日に国の同意を得ました。
 市内に事業所を有する中小企業等がこの計画に沿った「先端設備等導入計画」を策定し、本市の認定を受けて先端設備等を導入する場合に

 1.先端設備等について、償却資産に係る固定資産税の課税標準を軽減
 2.国の「ものづくり・サービス補助金」などの優先採択
 などの支援措置があります。

 南あわじ市では、先端設備等導入計画の認定を受け、一定の要件を満たす場合に、計画に基づく取得設備の固定資産税の課税標準額を3年の間、ゼロに軽減します。      

 国の同意を受けて、先端設備等導入計画の認定申請の受付を開始しましたので、以下をご参照の上、ご申請ください。
 なお、先端設備等については「先端設備等導入計画」の認定後に取得することが必須となっていますので、ご注意ください。

生産性向上特別措置法による支援の概要

申請方法

商工観光課へ書類を提出して下さい。

※代理人による申請の場合、下記様式一覧にある委任状の添付をお願いします。
(申請にあたっては、上記の先端設備等導入計画について、生産性向上特別措置法施行規則をご参照下さい。)

様式一覧

変更の場合

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)