ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 市民課 > 市民交流センターの役割

市民交流センターの役割

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月1日更新

協働のまちづくり拠点として~市民交流センター~

 南あわじ市では、市内21地区の地区公民館内において、地域コミュニティ支援機能、市役所窓口サービスの補完機能、公民館活動機能の3つの機能をあわせ持った「市民交流センター」を開設いたしました。
 “協働によるまちづくり”を掲げ市民交流センターを地域活動や交流の拠点として、広く地区住民の皆様に愛され利用いただける場づくりを目指しております。

業務時間

  • 平日(月曜日~金)午前8時30分~午後5時まで
  • 土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~翌年1月3日)を除きます

機能1 地域コミュニティ支援

 各地区では、地域特性から異なる課題に対して、各種団体が話し合い、協力し合う仕組みとして「地域づくり協議会」が発足され、それぞれの地域のオリジナリティあふれる活動(地域づくり事業)が始まっています。
 市民交流センターでは、「地域づくり協議会」の事務局として、元気で魅力ある地域づくりを住民主体で進めていく取り組みや話し合いの場づくりに対するコミュニティ支援を行い、協働のまちづくりを推進します。

機能2 市役所窓口サービスの補完(証明書交付取次ぎサービス)

市役所窓口サービスを補うため、身近な証明書の即日交付の取次ぎや市役所への書類の預かりを行います。
※利用目的によって本庁舎のみでしか発行できないものもありますのでご注意ください。

 
発行できる証明

市民交流センターで
発行できる証明書 
※市役所指定様式に限ります

手数料

申請できる人

申請に必要なもの

戸籍(全部・個人)事項証明書450円本人、配偶者、同籍者、直系血族、本人から委任された代理人(委任状が必要)

(1)申請者の本人確認書類

(2)申請者の印鑑

【代理人が申請する場合】

◆法定代理人の場合

(1)戸籍謄本(←南あわじ市に本籍がない人)

(2)後見登記事項証明書

※(1)(2)共に、発行から3か月以内の原本

◆任意代理人の場合

委任者本人が作成・押印した委任状

戸籍附票の写し(全部・一部)300円
住民票の写し(世帯全員・一部)300円本人、同一世帯の者、本人から委任された代理人(委任状が必要)
住民票記載事項証明書(世帯全員・一部)300円
印鑑登録証明書300円本人、本人から委任された代理人

印鑑登録証(カード)

※旧町の印鑑登録証は、市民課の窓口にて市の印鑑登録証に切り替えが必要です

所得・課税証明書

300円本人、同一世帯の者、本人から委任された代理人(委任状が必要)

(1)申請者の本人確認書類

(2)申請者の印鑑

【代理人が申請する場合】

◆法定代理人の場合

(1)戸籍謄本(←南あわじ市に本籍がない人)

(2)後見登記事項証明書

※(1)(2)共に、発行から3か月以内の原本

◆任意代理人の場合

委任者本人が作成・押印した委任状

納税証明書300円

軽自動車税納税証明書(車検用)

無料

【本人確認書類】

(1)1点の提示で良いもの⇒運転免許証、個人番号カード、旅券等官公署が発行した写真付きのもの

(2)2点の提示が必要なもの⇒健康保険証、介護保険証、福祉医療受給者証、年金手帳等のうち2点以上

市役所への書類等のあずかりサービス

 ・市役所への書類等をおあずかりいたします。ただし、急を要するもの、添付書類・内容確認を要するものや現金は除きます。(税金等は、納付書にて最寄りの金融機関で納付ください。)

機能3 公民館活動

 地域づくりに密接にかかわる公民館活動をさらに充実します。

各地区市民交流センター一覧