ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 新型コロナウイルス関連情報 > その他の情報 > 新型コロナウイルス感染症に関連する人権への配慮について

新型コロナウイルス感染症に関連する人権への配慮について

印刷用ページを表示する更新日:2020年4月15日更新 <外部リンク>

新型コロナウイルス感染症に関連する人権への配慮について

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、感染された方々やその家族、濃厚接触者、医療従事者等に対する誹謗中傷やインターネット上での心ない書き込みなどが見受けられます。この様な不確かな情報や誤解に基づく不当な差別、偏見、いじめ等はあってはなりません。
 また、SNS等での投稿、書き込みなど、誰もが簡単に発信できたり、安易な「いいね!」やリプライなどで簡単に情報拡散するため、誤った情報や根拠のない噂等の不確かな情報に惑わされて、誹謗中傷や風評被害も発生しています。
 新型コロナウイルス感染症に関する正確な情報を入手し、人権侵害につながることのないよう、冷静な行動をお願いいたします。

 新型コロナウイルス感染症に関する情報については、厚生労働省のホームページや兵庫県のホームページでお知らせしています。

 また、不当な差別、いじめ等の人権問題についての相談は、法務省の人権擁護機関(法務局)で受け付けています。

新型コロナウイルス感染症に関する情報について

人権に関する相談窓口

 法務省の人権擁護機関(法務局)では、新型コロナウイルス感染症に関連する不当な偏見、差別、いじめ等の被害に遭った方からの人権相談を受け付けています。

みんなの人権110番(全国共通人権相談ダイヤル)
Tel 0570-003-110(平日午前8時30分から午後5時15分まで)
子どもの人権110番
Tel 0120-007-110(平日午前8時30分から午後5時15分まで)
外国語人権相談ダイヤル
Tel 0570-090911 (平日午前9時00分から午後5時00分まで)