ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 新型コロナウイルス関連情報 > 感染症対策について > 緊急事態宣言の延長にかかる市長メッセージ(令和3年2月4日)

緊急事態宣言の延長にかかる市長メッセージ(令和3年2月4日)

印刷用ページを表示する更新日:2021年2月4日更新 <外部リンク>

新型コロナ 緊急事態宣言が延長されました

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、兵庫県に発出されている緊急事態宣言が3月7日まで延長されました。

 それに伴い、公民館やスポーツ施設等の市関連施設の使用制限も延長します。

 市民の皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

 洲本健康福祉事務所によると、現在のところ淡路地域での感染経路は限定的で、特に次のことを守って生活していれば、感染が拡大する可能性は非常に低くなります。今一度、行動の確認をお願いいたします。

  1. 通勤や通学、通院など必要な場合を除き、東京や大阪、神戸、阪神間など都市部との往来を自粛してください。

  2. マスクの着用は非常に大きな効果があります。人と接する場合は、極力マスクを着用してください。
    (例:家族や近所の人と会話する時、放課後の子供たちの遊びなどでも着用する)

  3. あなたや同居家族がPCR検査等を受けることになった、あるいは検査で陽性になった場合は、あなたやご家族の通われている施設(介護事業所、障害福祉事業所、学校、保育所、職場など)に速やかに連絡してください。 

 市民の皆様におかれましては、引き続き感染防止対策の徹底をお願いするとともに、不当な偏見や差別につながることがないよう人権へのご配慮をお願いします。

 行動の自粛を求められる期間が長くなっています。物理的な距離は取っても、お互いを思いやることで心と心の距離は近くなり、社会の繋がりはより強くなります。共にがんばっていきましょう。

 

令和3年2月4日

南あわじ市長 守本 憲弘 

 

感染を疑う場合は、まずはかかりつけ医に電話で相談をしてください。かかりつけ医などがない場合は次の医療相談窓口に電話で相談をしてください。

 

医療相談窓口

〇 兵庫県 新型コロナ健康相談コールセンター

電話 078-362-9980

(受付時間:24時間(土曜日・日曜日・祝日含む)) 

〇 洲本健康福祉事務所(帰国者・接触者相談センター)

電話 0799-26-2062

(受付時間:平日 午前9時~午後5時30分)

緊急事態宣言の延長にかかる市長メッセージ [PDFファイル/146KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)