ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

兵庫県市町交通災害共済

印刷用ページを表示する更新日:2020年2月28日更新 <外部リンク>

兵庫県市町交通災害共済加入者のみなさまへ

令和2年度以降の加入募集はありません

掛金年額500円の兵庫県市町交通災害共済は、令和元年12月末で加入募集を終了しました。

見舞金の請求について

日本国内の道路及び軌道上で自動車・二輪車・自転車・荷車・身体障害者用車椅子・電車等に乗っていて衝突、接触、転倒などによる事故、または歩行中これらの乗り物にはねられたり、ひかれた場合、医師の治療を要する傷害で、治療実日数が3日以上の場合、見舞金を請求することができます。

見舞金の請求には期限があります

見舞金の請求期限は、事故発生の翌日から2年以内ですので、早急に請求手続きをしてください。
(等級を決定する治療期間は、事故発生から1年以内のものとします。)

対象とならない事故

  • 自殺行為・天災・戦争・動乱・故意・無免許運転・酒気帯び運転
  • 飛行機・船舶・ケーブルカー・ロープウェーの事故
  • 幼児用乗用具・一輪車の事故
  • 作業用特殊自動車で作業中の事故
  • 遊園地内の汽車・電車・自動車等遊戯施設による事故
  • 鉄道軌道敷地内(踏切道を除く)の事故
  • 駐停車中の車両からの転落、転倒等による事故
  • 住宅等の庭先、工場内、作業場等一般の人や車などが自由に往来できない場所での事故
  • 日常生活に直接関係しない交通乗用具による事故(祭の山車等)

見舞金が支給制限される事故

  • 酒気帯び運転・無免許運転を知りながら同乗した場合
  • 速度超過・通行禁止制限・踏切不停止・信号無視等の違反をした場合
  • その他重大な過失、法令違反のあった場合  

見舞金額

等級

災害の程度

見舞金額

死亡 100万円

医師の治療を要する傷害で、入院治療151日以上の場合 20万円

医師の治療を要する傷害で、治療実日数121日以上、内入院治療61日以上の場合 12万円

医師の治療を要する傷害で、治療実日数91日以上の場合 10万円

医師の治療を要する傷害で、治療実日数61日以上の場合 8万円

医師の治療を要する傷害で、治療実日数31日以上の場合 6万円

医師の治療を要する傷害で、治療実日数7日以上の場合 5万円

医師の治療を要する傷害で、治療実日数3日以上の場合 4万円

備考

  1. ギプス固定中の日数は、入院日数に換算する。
  2. 自動車安全運転センター所長の交通事故証明書が得られない場合の見舞金は5等級(8万円)を限度とする。ただし、死亡の場合は2等級(20万円)を支給する。

問い合わせ先

南あわじ市危機管理課
電話0799-43-5203 Fax0799-43-5303