ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地フロントページ > 組織で探す > 健康課 > 脳脊髄液減少症について

脳脊髄液減少症について

印刷用ページを表示する更新日:2018年4月1日更新 <外部リンク>

脳脊髄液減少症とは

 脳脊髄液減少症とは、交通事故やスポーツ外傷などの体への衝撃が原因となり、脳脊髄液が漏れ出し、減少してしまうことにより、頭痛や首の痛み、めまいなどの様々な症状を引き起こす病気といわれています。
 現在、診断・治療について確立したものがないため国の研究班によって診断基準の確立と有効な治療法に関する研究を行っているところです。
 脳脊髄液減少症は特別な病気のように思われがちですが、いつでも誰にでも日常的な出来事によって引き起こされる可能性があり、私たちにとって身近な病気です。

 ※詳しくは、下記ホームページをご参照ください。

外部リンク