ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織で探す > 健康課 > 高齢者肺炎球菌予防接種の助成

高齢者肺炎球菌予防接種の助成

印刷用ページを表示する更新日:2020年4月1日更新 <外部リンク>

 南あわじ市では、肺炎球菌によって引き起こされる高齢者の肺炎の発症及び重症化を予防するための肺炎球菌予防接種に要する費用の一部を助成します。接種方法等については、下記のとおりとなっておりますので、接種を希望される方は医療機関にご相談のうえ接種してください。

内容

対象者

 市内に住所を有する下記の年齢に該当する人
 ※今までに高齢者肺炎球菌ワクチンを1回以上接種した人を除く
 ※平成31年度から令和5年度までの間は、各年度に節目年齢となる者に実施する予定です

令和2年度の対象者

65歳 昭和30年4月2日から昭和31年4月1日生まれ
70歳 昭和25年4月2日から昭和26年4月1日生まれ
75歳 昭和20年4月2日から昭和21年4月1日生まれ
80歳 昭和15年4月2日から昭和16年4月1日生まれ
85歳 昭和10年4月2日から昭和11年4月1日生まれ
90歳 昭和5年4月2日から昭和6年4月1日生まれ
95歳 大正14年4月2日から大正15年4月1日生まれ
100歳 大正9年4月2日から大正10年4月1日生まれ
※60歳以上65歳未満のものであって、心臓・腎臓もしくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に一定の障害を有する人(身体障害者手帳1級、同程度の障害)は、健康課へ連絡いただければ予診票を発行します。

接種期間

 令和3年3月31日まで

自己負担金

 3,000円
 ※医療機関の窓口でお支払いください。生活保護受給者は自己負担なし

接種医療機関

 個別予防接種委託医療機関(南あわじ市・高齢者対象)
 兵庫県内の上記医療機関以外での接種を希望される方は、事前に健康課にお問い合せください。。

接種方法

 上記に該当する方には、4月上旬に高齢者肺炎球菌予防接種予診票を郵送します。
 接種を希望される方は高齢者肺炎球菌予防接種予診票と健康保険者証等をお持ちのうえ医療機関で接種を受けてください。
◆生活保護受給者は生活保護受給証明書が必要(福祉課生活福祉係Tel43-5216へ連絡して、接種を受けるときにお持ちください。)

75歳以上の人で、上記の対象者に該当せず、肺炎球菌予防接種を接種していない人へ

 市では、今年度の定期接種の対象に該当しない75歳以上の人で、肺炎球菌予防接種の接種を希望する人の接種費用を助成します。

自己負担金

 3,000円
 ※医療機関の窓口でお支払いください。生活保護受給者は自己負担なし

接種医療機関

 個別予防接種委託医療機関(南あわじ市・高齢者対象)

接種方法

 上記に該当する方で接種を希望される方は高齢者肺炎球菌予防接種券が必要(健康課Tel43-5218へ連絡してください。郵送します。)
 高齢者肺炎球菌予防接種接種券と健康保険者証等をお持ちのうえ医療機関で接種を受けてください。
◆生活保護受給者は生活保護受給証明書が必要(福祉課生活福祉係Tel43-5216へ連絡して、接種を受けるときにお持ちください。)

島外の医療機関で接種を受ける場合

島外の医療機関で高齢者肺炎球菌予防接種を受ける場合は、医療機関によって対応が異なりますので、健康課までお問い合わせください。

【広域的予防接種申込書】

【広域外予防接種依頼書】

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)