ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織で探す > 建築技術室 > 令和3年度 大鳴門橋周辺環境整備基本設計業務 公募型プロポーザル事業者募集

令和3年度 大鳴門橋周辺環境整備基本設計業務 公募型プロポーザル事業者募集

印刷用ページを表示する更新日:2021年4月5日更新 <外部リンク>

大鳴門橋周辺環境整備基本設計業務

募集内容

業務の目的

本業務では、前年度に策定した「大鳴門橋周辺環境整備基本構想・基本計画」を踏まえて、工事実施に向け、旧みさき荘エリアの建築及び土木工事の概略設計、笹山駐車場の既存施設の解体工事の設計、土木工事の概略設計及び建築工事の基本・実施設計、旧みさき荘エリア以外の事業手法の検討、旧みさき荘エリア・笹山駐車場エリア・笹山駐車場付近の近畿自然遊歩道の測量業務、笹山駐車場の建築工事の基本・実施設計のための地質調査等を実施するものです。

大鳴門橋周辺環境整備基本計画

大鳴門橋周辺整備基本計画については、参加資格を有する事業者にのみ配布します。

募集する業務委託の概要

業務名称

令和3年度 大鳴門橋周辺環境整備基本設計業務

業務内容

別添「仕様書」のとおり

大鳴門橋周辺環境整備基本設計業務仕様書 [PDFファイル/3.34MB]

委託期間

委託契約締結の日から令和4年3月25日まで

業務規模

44,000,000円(消費税及び地方消費税を含む。)
※この金額は、契約時の予定価格を示すものではなく、提案内容の規模を示すものです。

募集のスケジュール

公募開始(公告)

令和3年4月5日(月曜日)

資料等の配布期間

令和3年4月5日(月曜日)から令和3年4月15日(木曜日)正午まで

参加資格要件

このプロポーザルに参加できる者は、公告日において、南あわじ市契約規則(平成17年南あわじ市規則第39号)第3条に定める令和2・3・4年度競争入札参加資格者名簿「コンサル:建築一般」に登載されている者で、次に掲げる事項をすべて満たす者とします。

(1)地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当しない者であること。

(2)公告の日から契約締結日までの間に、南あわじ市指名停止基準に基づく指名停止を受けていない者及びこれに準ずる措置を受けていない者であること。

(3)会社更生法(平成14年法律第154号)に基づき更正手続開始の申立て、または民事再生法(平成11年法律第225号)の規定に基づく再生手続開始の申立てがなされていない者であること。(会社更生法の規定に基づく更生手続開始の申立て、または民事再生法の規定に基づく再生手続開始の申立てがなされた者であって、更正計画の認可が決定し、または再生計画の認可の決定が確定した者を除く。)

(4)公告日時点において、本社、本店、支店または営業所が、平成23年4月1日以降で国の機関または他の地方公共団体等において、本業務と同種・同類業務に関し、2件以上の完了実績を有する事業者であること。 

(同種業務)道の駅設計に関する業務(基本設計・実施設計等)

(同類業務)道の駅基本計画策定に関する業務

(5)管理技術者は次の資格をすべて有する者とし、平成23年4月1日以降で国の機関または他の地方公共団体等において、本業務と同種・同類業務に関し、1件以上の完了実績を有する者であること。

(資格)一級建築士及び技術士(総合技術管理部門-建築)

(同種業務)道の駅設計に関する業務(基本設計・実施設計等)

(同類業務)道の駅基本計画策定に関する業務

(6)主任技術者は次の資格をすべて有する者とし、複数で以下の資格を満たすことができるものとします。

(資格)一級建築士及び技術士(建設部門-都市及び地方計画)

(7)法人税、消費税及び地方消費税並びに南あわじ市内に本店支店がある場合には、本市の市民税・固定資産税に未納がない者」であること。(聴き取る猶予の扱いを受けている者を除く。)

(8)本業務を確実に遂行できるだけの財務基盤を有し、次の要件を1つ以上満たしていること。

ア 自己資本比率が10%未満でないこと。

イ 直近の経常利益がマイナスでないこと。

(9) 直近の貸借対照表で債務超過でないこと。

(10)設計共同体として参加する場合は、以下の点について注意してください。

  1. 必ず設計共同体の代表を決め、全構成事業者等についても代表者名等を記載し、それぞれ代表印を押印してください。その際、代表者の印は契約時に使用するものと同一のものとしてください。また、「事業者構成調書」(様式第4号)、別紙1「○○設計共同体協定書」及び別紙2「○○設計共同体協定書第8条に基づく協定書」の写しを提出してください。
  2. 1事業者が複数の設計共同体に所属することはできません。また、設計共同体に所属しながら自らが単独で提案を行うことは出来ません。
  3. 管理技術者は、設計共同体の代表者の組織に所属していること。
  4. 設計共同体の構成員の一部が指名停止措置を受けた場合においては、「特定建設工事共同企業体の構成員の一部が指名停止措置を受けた場合の取扱いについて」(平成10年3月10日付け建設省営管発第65号、建設省営計発第23号)を準用する。
  5. 設計共同体代表者は、(1)~(9)に掲げる要件のすべてを満たしていること。

参加表明書の受付期間

令和3年4月5日(月曜日)から令和3年4月15日(木曜日)午後5時まで

質問書の受付及び回答期限

質問書の提出期限

令和3年4月9日(金曜日)午後5時まで

質問に対する回答期限

令和3年4月13日(火曜日)

質問事項及び回答(令和3年4月13日更新)

質問事項及び回答 [PDFファイル/254KB]

企画提案書の受付期間

令和3年4月19日(月曜日)から令和3年5月6日(木曜日)午後5時まで

プレゼンテーション及びヒアリング日程(予定)

令和3年5月12日(水曜日)を予定しております。

各種様式

その他関係資料

担当部署(提出・お問い合わせ先)

南あわじ市産業建設部建築技術室
担当者:並木
郵便番号:656-0492
住所:兵庫県南あわじ市市善光寺22-1
電話:0799-43-5221

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)