ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ごみ・環境 > 環境 > 微小粒子状物質(PM2.5)の観測状況

微小粒子状物質(PM2.5)の観測状況

印刷用ページを表示する更新日:2015年4月6日更新 <外部リンク>

兵庫県内の微小粒子状物質(PM2.5)の観測状況

1.観測状況

兵庫県では、大気環境の状況をホームページに掲載しております。
現在、問題視されている微小粒子状物質(PM2.5)の測定状況も確認できます。

2.微小粒子状物質(PM2.5)

大気中の粒子状物質のうち、粒径2.5マイクロメートル以下のもの。粒径が小さいことから、肺の奥深くまで入りやすく健康への影響も大きいと考えられています。

3.環境基準

微小粒子状物質(PM2.5)の環境基準は、1年平均値が1立方メートル当たり15マイクログラム以下、1日平均値が1立方メートル当たり35マイクログラム以下とされています。(H21.9.9 環境省告示第33号)

4.観測状況の確認

観測状況は、次のホームページから確認できます。
測定項目は、微小粒子状物質を選択してください。