ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

大鏡餅運び競争

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月6日更新

力自慢が集結!大鏡餅運び競争

 大鏡餅と台座の三方合わせて総重量約150kgを腹に抱えて運び、歩く距離を競う薬王寺の新春恒例の行事です。
 この行事は、昭和初期から始まったとされる「厄除け祈祷大祭」の余興の行事。境内には片道30メートルのコースが設けられ、出場者は顔を真っ赤にして競い合います。(一般見学可能)
 毎年、1月12日に開催されています。(写真は平成21年1月12日撮影)

会場:薬王寺(南あわじ市北阿万筒井1222 電話:0799-55-0730/ファックス:0799-55-2093)

祈祷

出場者

くじびき

(左上)大会前に祈祷が行われます (左下)餅運びの順番を決めるくじ引き
(右)片道30メートルのコースを餅を抱えて歩く出場者

くじびき

 


観客

本堂前を歩く出場者

顔を真っ赤にして餅を運ぶ出場者

(左・右)顔を真っ赤にして餅を運ぶ出場者
(中央上)会場に集まった観客。コース両側に陣取り、出場者に声援を送ります
(中央下)本堂前を歩く出場者

関連リンク