ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

戎神社(歳の市)

印刷用ページを表示する更新日:2015年4月6日更新 <外部リンク>

市のえべっさんで歳の市

 えべっさんの愛称で親しまれる事代主神社(戎神社)では、昔は毎月6回、淡路中の商人が来て市が開かれ、エビス市として賑わっていました。
この市の風習を現代に受け継いだ12月28日の「歳の市まつり(エビス市)」には、市内外から大勢の人がつめかけ、商売繁盛や五穀豊穣を祈願したり、吉兆(きっきょう)や正月用品を買い求めて賑わいます。
平成20年度は、12月27日に宵宮、28日にエビス市が開催されました。

淡路人形座による戎舞 福娘による吉兆の販売

(左)淡路人形座が祝いの舞である「戎舞」を奉納、28日
(右)地元の高校生が福娘となり、吉兆(きっきょう)を販売します、28日

神事 えびす様によるふれあいイベント

(左)拝殿では神事がとり行われます、28日 (右)戎様とのふれあいイベント、28日

宵宮 屋台

(左)夕方から深夜まで人が訪れます、27日宵宮 (右)会場には屋台が立ち並び夜遅くまで賑わいます、27日宵宮

関連リンク

南あわじの歳時記(2)