ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織で探す > 下水道課 > 上水道の使用量の中で下水道に流れない汚水がある場合、控除の方法はありますか?

上水道の使用量の中で下水道に流れない汚水がある場合、控除の方法はありますか?

印刷用ページを表示する更新日:2015年4月6日更新 <外部リンク>

回答

例えば、酪農業、ガソリンスタンド、農業の苗の保給水、庭先の散水、自家用車の洗車、事業用の冷却用クーリングタワー等があると思われますが、控除用の子メーターを設置して使用水量から控除することができます。

ただし、子メーターの設置費用は個人の負担となり、特別検針手数料として毎月250円が下水道使用料に上乗せされます。

控除する量が少ない場合は、設置費用や特別検針手数料の方が高くなる場合もありますので、下記連絡先までご相談ください。