ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地フロントページ > 分類でさがす > ビジネス情報 > プロポーザル > プロポーザル > ふるさと南あわじ応援寄附金特産品贈答支援業務に係るプロポーザル審査結果

ふるさと南あわじ応援寄附金特産品贈答支援業務に係るプロポーザル審査結果

印刷用ページを表示する更新日:2018年6月12日更新 <外部リンク>

 平成30年6月5日、ふるさと南あわじ応援寄附金特産品贈答支援業務に係るプロポーザルを実施し、1事業者より企画提案を受けました。

 最優秀提案者の選考経過等については、下記概要のとおりです。

1.選考結果

 

提案者

審査結果

最優秀提案者

大豊産業株式会社

354点

 

2.南あわじ市プロポーザル審査委員会の概要

【審査委員会開催日時】

 平成30年6月5日(火曜日) 午前8時45分から午前10時

【審査委員】

  委員長   馬部 総一郎(南あわじ市副市長)

  委 員   浅井 伸行(南あわじ市教育長)

  委 員   青島 一路(南あわじ市総務企画部付部長(企画担当))

  委 員   静永 峯雄(南あわじ市会計管理者兼会計課長)

  委 員   田村 智巨(南あわじ市総務企画部財務課長)

【審査の経過】

 審査委員会は、南あわじ市役所第2別館2階第6会議室においてプレゼンテーション・ヒアリングを実施し、審査委員5名(庁内職員5名)により、1事業者の提案について審査を行いました。審査委員会には、企画提案書提出者から2名の説明者が出席し、20分間のプレゼンテーションを行い、各委員による質疑応答を概ね20分間実施しました。

 ヒアリング終了後、審査委員7名により1人あたり100点満点(審査委員5名の合計500点満点)にて審査を実施しました。

 審査終了後、各委員の採点結果を集計し、最優秀提案者に「大豊産業株式会社」を選考しました。